波動を上げる方法・行動・生活習慣33の智慧【保存版】

波動を上げる方法・行動・生活習慣33の智慧【保存版】

【12】波動の高い音楽を聴く

音楽においても「波動の高い音楽」「波動の低い音楽」があり、当然、波動の高い音楽を聴くことであなたの波動を上げることができます。

「音楽の好みは魂の成長レベルを表している」という考え方があり、音楽の好みが一致している人は、同じくらいの魂レベルだとされています。

魂の成長レベルが上のほうの人は高い波動の音楽を好み、下のほうの人は低い波動の音楽を好む傾向があるそうです。(※“魂の成長レベルの上下”は“波動の高い低い”について、どちらが良い悪いというものはありません。)

高い波動の音楽といえば、例えば、クラシックやヒーリングミュージック、賛美歌などが挙げられます。イメージとしては、ポジティブ・愛・調和・平和・感謝・癒し・希望・リラックスなどのキーワードが思い浮かびます。

一方、低い波動の音楽については、あえて例を出しませんが、聴くことで心がザワザワして不安定になったり、ネガティブな感情になったり、怒りや欲望が湧いてきたりするような音楽が該当するでしょう。

波動を上げていきたいなら、ぜひ、波動が高い人が聴いている音楽を選ぶようにしましょう。波動の高い音楽の具体例を次の記事でご紹介しています。

【13】ソルフェジオ周波数を聴く

ソルフェジオ周波数とは、無数にある周波数の中でも、心と身体に良い効果があるとされている特定の周波数のこと。レオナルド・G・ホロウィッツ氏の書いた『ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz』という書籍によって、世に広く知られるようになりました。

ソルフェジオ周波数は次の9種類の周波数↓

174Hz・285Hz・396Hz・417Hz・528Hz・639Hz・741Hz・852Hz・963Hz

次に説明するような絶大な効果があるとされ、ヒーリングや音楽療法などさまざまな分野で取り入れられています。ソルフェジオ周波数の知識については、次の記事で詳しく解説しています。

それぞれのソルフェジオ周波数の効果については以下の通りです。

174Hz 意識の拡大、進化の基礎
285Hz 多次元領域からの意識の拡大と促進
396Hz トラウマ・恐怖からの解放
417Hz 変化に挑戦する心、知性
528Hz DNAの修復、奇跡
639Hz 人間関係の向上
741Hz 問題を解決する力、表現力の向上
852Hz 直感力の覚醒
963Hz 高次元、宇宙意識とつながる

見ての通り、ビックリするような効果が満載です(笑)それぞれの効果については、次の記事で具体的に解説しています。

宇宙の周波数と呼ばれる432Hzや、悪魔の周波数と呼ばれる440Hz、天使の扉を開く周波数と呼ばれる4096Hzのことにも触れています。良かったら合わせてご一読ください。

または、ソルフェジオ周波数の中でも528Hzは「愛の周波数」として特に注目を浴びている周波数です。

528Hzの周波数によって、「DNA修復効果」「若返り効果」「幸運を呼び込む効果」もあるとされ奇跡の周波数とも呼ばれています。

実は、528Hzの音楽によって

・幸せホルモン(オキシトシン)の増加。
・不安や緊張をもたらすストレスホルモンの減少。
・ストレス軽減効果。

が証明され医学論文として世界に発表されていますし、「活性酸素の発生を抑える効果」も証明されています。

ですので、間接的にではありますが、528Hzの周波数によって「DNA修復効果」「若返り効果」「幸運を呼び込む効果」が期待できるのかもしれません。

528Hzの音楽が波動を上げることは確実でしょう。528Hzだけでもぜひ♪

参考記事はこちら↓

【14】クリスタルボウルの演奏を聴く

【14】クリスタルボウルの演奏を聴く

音繋がりですが、波動を上げるのにクリスタルボウルの演奏を聴くのもオススメです。

クリスタルボウルには、代表的な4つの効果があります。

1.リラクゼーション効果
…脳波がアルファ波(8Hz~14Hz)からシータ波(4Hz~8Hz)になることが科学的に確認されています。アルファ波はリラックス時の脳波。シータ波は睡眠に入る状態、浅い睡眠時の脳波。

2.デトックス効果
…クリスタルボウルは水晶で作られています。クリスタルボウルの振動が私たちの身体にあるケイ素と共鳴し、有害物質の除去や、神経伝達の正常化に影響すると考えられています。

3.オキシトシンによる効果
…クリスタルボウルの演奏を聴くと、「幸せホルモン」オキシトシンの濃度が上昇します。オキシトシンには自律神経調節作用、鎮痛作用、抗不安作用などがあり、私たちの健康維持に関与しています。

4.チャクラ調整の効果
…チャクラ調整の効果も期待できます。

このような効果から、クリスタルボウルの演奏を聴くことで波動が上がるのは当たり前だと言えるでしょう。クリスタルボウルについて、次の記事でさらに詳しく解説しています。

ただ、それだけ効果があると、心配なのが「好転反応」です。人によっては「好転反応がでやすい」こともあり、注意が必要です。詳細は次の記事に書いていますので、もしクリスタルボウルを取り入れたい方はぜひご確認ください。

クリスタルボウルを聴くことは心と身体の健康に役立ちますし、あなた自身の波動を高めるのにはとても有効です。まずは気軽にYouTube動画で聴いてみてはいかがでしょうか。

【15】ホ・オポノポノを実践する

ホ・オポノポノというハワイ伝承の潜在意識のセルフクリーニングツールをご存じでしょうか?

ホ・オポノポノの考え方のベースは

私たちに起こる様々な問題は他人のせいではなく、自分の「潜在意識」の中にある「記憶」が現実化したもの。記憶を手放し消していくこと、つまり記憶の消去(クリーニング)を行うことで問題を解決しよう!

というもので、潜在意識のセルフクリーニングツールとして紹介されています。

思い出すことがないような遠い過去の体験であっても、潜在意識の中にはしっかりと蓄積されていて、私たちの思考や選択に大きな影響を及ぼしています。

今世の記憶だけでなく、過去生の記憶まで含むようです。

潜在意識の中に悪い記憶があれば悪いことが現実におきるし、良い記憶があれば良いことが現実におきます。引き寄せの法則の考え方と共通するものがあるでしょう。

ホ・オポノポノのクリーニングを実践することで

悪い記憶がクリアリングされ、私たちに起こる問題(悪いこと)も解消されていく

と考えられています。

ホ・オポノポノのやり方はとても簡単です。
具体的にやることは次の4つの言葉を唱えるだけ。

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています

この4つの言葉を繰り返し唱えることが、ホ・オポノポノの基本のクリーニング方法です。

ホ・オポノポノの良いところは、この言葉を繰り返し唱えていれば効果があるという“シンプルさ”にあります。

たったこれだけ?

と思うほどに簡単でシンプルな実践方法なので、「本当に効果があるのか?」と心配になるかもしれませんが、効果を実感している人はたくさんいるので、騙されたと思ってやってみませんか?

ホ・オポノポノの言葉はとても波動が高いので、唱えるだけで波動を上げる効果が期待できます。

ホ・オポノポノについては次の記事で詳しく解説しています。

具体的なやり方は次の記事をご参照ください。

次の記事も参考になるでしょう。言葉の文言や、順番のこと、効果があるだけに「好転反応」のことも書いています。

【16】カタカムナウタヒ567首を唱える

波動を上げるために、古来より伝わる「祝詞/真言/マントラ」を使うのもオススメです。その中でも、今、特に注目されているのがカタカムナです。

カタカムナとは上古代の約1万2000年以上も前に、日本で栄えた高度な文明であるとされています。

カタカムナが発見されたのは1949年。楢崎皐月(ならざきこうげつ)氏が、兵庫県六甲山系金鳥山付近で土地の電位測定の調査を行っていたところ、平十字(ひらとうじ)と名乗る男性に出会ったことから始まります。

楢崎氏を気に入った平氏が、祖先から代々受け継がれてきた「カタカムナ神社」の御神体の巻物を見せてくれました。

これが「カタカムナウタヒ(歌)」で、80首からなる渦巻き状に綴られた幾何学的な文字だったのです。

楢崎氏は平氏にその巻物の書写を願い出て、この時に写し取ったものが「カタカムナ文献」として残されています。

カタカムナウタヒの中でも、特にパワフルなのが5首6首7首です。

5首
6首
7首

※6首のヱは「エ」です。
※ヰは「イ」ですが、音は「ウィ」に近いです。

カタカムナウタヒ567首にはたくさんの効果が期待できますが、「心と体が整う」「波動が上がる」という効果は確実にあると実感しています。

これはぜひあなたにも実践して欲しいなと願います。詳細は次の記事をご参照ください。

【17】天津祝詞(あまつのりと)を唱える

天津祝詞(あまつのりと)は、神道の祭祀(五穀豊穣や人類の平和・安泰などの祈りやお礼を伝える儀式)にて唱えられる祝詞の一つです。

神道の世界では禊祓詞(みそぎはらえのことば)とも呼ばれています。

大祓太詔刀考によると文化12年4月3日に完成となっており、大祓詞(おおはらえことば)が1200年以上も前に作られたことを考えると、比較的新しい祝詞だと言えます。

罪や穢れ(けがれ)をお祓いする祝詞で、大本教などでは朝夕や日常での行いをする前などに唱えるようです。

天津祝詞の全文と読み方
高天原たかあまはら神留坐かむづまりま神魯岐かむろぎ神魯美かむろみみこともち皇御祖神伊邪那岐命すめみおやかむいざなぎのみこと筑紫つくし日向ひむかたちばな小門をど阿波岐原あはぎはら御禊みそぎはらたまとき生坐あれませる祓戸はらへど大神等おほかみたち諸々もろもろ枉事まがごと罪穢つみけがれはらたまきよたまへとまをことよし天津神あまつかみ国津神くにつかみ八百万やほよろづ神等共かみたちともあめ斑駒ふちこま耳振立みみふりたて聞食きこしめせとかしこかしこみもまを

一般的によく言われている天津祝詞の効果は次の通り。

・神様に少しでも近づくことができる。
・穏やかで幸福な日常を送ることができる。
・場に留まる氣を浄化して清らかな状態にできる。
・罪・穢れ・不浄なこと・ネガティブなものをクリアリングできる。

などなど。

特に、「罪・穢れ・不浄なものを払ってください」という天津祝詞の文言からしても、禊(クリアリングの方)効果は期待できるでしょう。

禊が進めば進むほどに、自己の本質的な部分(神性、神我(真我)、御霊)が顕現されるようになるといわれています。それはとても波動の高い状態です。

天津祝詞を唱えることで波動を高める効果があるのは間違いないと考えています。

次の記事では天津祝詞について徹底解説しています。

この記事を読むことで、天津祝詞の理解が深まり、より効果的な唱え方ができるようになるでしょう。

【18】十言神呪(とことのかじり)を唱える

十言神呪(とことのかじり)といって、伊勢神宮に祀られている太陽の神様「天照大御神」のご神名を唱えるという真言があります。

天照大御神は日本神話に登場する最高神。
伊勢神宮内宮に祀られている太陽の神様です。

天照大御神

出典:isejingu.or.jp

神道に詳しくない人でも、日本人であれば誰でも知っている神様ではないでしょうか。そんな天照大御神のご神名を繰り返し唱えるのが「十言神呪」です。

天照大御神=アマテラスオオ(ホ)ミカミ

①ア
②マ
③テ
④ラ
⑤ス
⑥オ
⑦オ(ホ)
⑧ミ
⑨カ
⑩ミ

※実際に言葉に出すときは「⑦オ」は「ホ」と発音します。
数えて十個の音であるから「十言神呪」といいます。

次の記事では十言神呪の素晴らしさを知っていただくために、「意味」「効果」「唱え方のコツやポイント」など徹底解説しています。

この十言神呪は、戦国武将である楠木正成(くすのきまさしげ)や武田信玄(たけだしんげん)も、効果のある秘術として活用していたほどのもの。とてもパワフルなので、ぜひ唱えて欲しい言霊です。

【19】ひふみ祝詞を唱える

ひふみ祝詞という、日本に古来から伝わる祝詞があります。

ひふみ祝詞は、「ひ」「ふ」「み」から始まる日本語の一音も重複しない47文字の清音(濁音、半濁音を除く)を祝詞にしたもの。※最後に「ん」がついて48文字として解説されている方もいます。

ひふみ祝詞の全文は以下の通りです。

ひふみ よいむなや こともちろらね
しきる ゆゐつわぬ そをたはくめか
うおえ にさりへて のますあせゑほれけ(ん)

※ゐ=“い”の旧字、ゑ=“え”の旧字

ひふみ祝詞は「ひふみ神言」とも呼ばれ、日本語のもつ言霊の力で、唱えるだけで私たちに大きなパワーを与えてくれる最高峰の祝詞の一つだといわれています。

あいうえお…の「あ」から「ん」までが、一度も重複しないのが特徴です。この一文字一文字には神様が宿っているとされ、すべての神様のエネルギーが凝縮された祝詞だといえます。

次の記事では、ひふみ祝詞について「由来」「日月神示との関係」「石上神宮との関係」「意味や現代語訳」「効果」「唱え方のコツ」「注意点」などなど、徹底的に深堀りしていきます。

天津祝詞や十言神呪とともに、ぜひ唱えて欲しい祝詞です。

【20】波動が高い場所(パワースポット)へ行く

【20】波動が高い場所(パワースポット)へ行く

世の中には「波動が高い場所」「波動が上がる場所」があります。

波動が高い場所に行くことで、「自分の波動が引き上げられる」「波動調整されて心と身体が整う」「浄化される」「気持ちが軽く明るくなる」「力がみなぎってくる」などなど、さまざまなメリットが期待できます。

お気に入りの波動が高いパワースポットを見つけて、定期的に訪れると良いでしょう。

では、どんな場所が波動が高いのでしょうか?

次の記事で、波動の高い場所の特徴として6つのポイントを紹介しています。あなたにピッタリのパワースポットを見つけるヒントになれば幸いです。

【21】神社参拝をする(産土神社は必須)

私たちの波動が上がるパワースポットの一つが神社です。

私たちの目には見えませんが、地球には無数のグリッドが立体的に張り巡らされており、神様のエネルギーの光のネットワークのようなものがあると考えられます。

【21】神社参拝をする(産土神社は必須)

グリッドがクロスしている地点は光の柱が立ち、地球と宇宙が結びつく場所として大切に守られてきました。

神様の数は一柱、二柱と「柱(はしら)」で表されるのはそのためです。

太古の先人達は光の柱が見えていたのかは分かりませんが、ちゃんと認識していたのでしょう。もとは、

・山・・・神奈備(かんなび)
・巨岩・・・磐座(いわくら)または磐境(いわさか)
・巨木・・・神籬(ひもろぎ)

などの自然物を神の降臨地とし、折に触れてそこに集まり、聖域であることを示すために注連縄(しめなわ)を張り巡らせたり、玉砂利を敷き詰めたりして祭場(さいじょう)にしていました。

のちに神社や聖地となり、大切なグリッドを守ってきたようです。

つまり『神社=グリッドの交差点にある光の柱を守っている場所』とも言えるでしょう。

神社の数は80,000社以上もありますが、それだけ日本にグリッドが集中しているということ。神国日本なんて言われるのも、もしかしたらそこから来ているのかもしれませんね。神社の豆知識はこちら↓

そんな神社の中でも、特に大事にして欲しいのが産土(うぶすな)神社です。「産土神=土地の神様」と定義でき、担当する地域に住んでいる人たちを守ってくれているのです。

今、まさに一番お世話になっている神様ですから、まずは産土神社へ参拝しましょう。あなたの産土神社の調べ方を次の記事で解説しています。

また、産土神社への参拝に関して、「21日参り」をすることをオススメします。21日参りをすることで産土神とのムスビが強められ、パワフルなエネルギーをいただけます。願望成就のお力もいただけます。21日参りの具体的なやり方は、次の記事をご参照ください。

ちなみに、神社つながりでは「恵方参り(えほうまいり)」というものもあります。

恵方のエネルギーをいただき運氣を高めることができる。そして、願い事を叶えるためのチャンスに気づき、チャンスに乗る知恵と勇気を与えてもらうことができます。次の記事を参考に、ぜひご参拝いただけたら幸いです。

【22】神棚を正しくお祀りする

【22】神棚を正しくお祀りする

神社はパワースポットそのもの。
神棚は自宅の神社です。

神棚を大事にし、神様への感謝の心を持って、日々お参りをし続けることで強力なパワースポットになってきます。当然、その場にいる人の波動も上がっていきますので、ぜひ神棚を設置してお祀りしていただけたらと思います。

とはいえ、「神棚のお祀りのやり方が難しそう」と不安に思われる方も多いようです。次の記事にて、「神棚の正しい祀り方と作法」ということで、10のトピックで詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

この記事では以下のようなことが書かれています。

・神棚を祀る意味、4つの効果やメリット
・理想的な置き場所<4つの条件>
・最適な位置選び~向きや方角、高さなど
・背山面水の地形や、鬼門と裏鬼門のこと
・神棚の上の「雲」のこと
・お札の種類&並べ方の基本パターン
・理想的なお札交換の時期やタイミング
・古くなったお札の処分方法
・榊(さかき)の意味や飾り方、交換や処分のこと
・お供え物の種類&位置や並べ方の基本パターン
・神棚の<掃除>の重要知識
・そもそも必要?神棚を祀るかどうかの見極めポイント

神棚に関するほとんどの疑問を解消できるでしょう。氣になる項目があればお読みいただけたら幸いです。

波動を上げれば運気が上がる!幸運を引き寄せる!人生が変わる!

波動を上げる方法・行動・生活習慣を“33の智慧”として完全無料で限定公開しています。今のうちにぜひご確認ください。

詳細をチェックする

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA