ホ・オポノポノとは?4つの言葉で悩みが消える原理をわかりやすく解説!

ホ・オポノポノとは?4つの言葉で悩みが消える原理をわかりやすく解説!

ホ・オポノポノという言葉をご存じですか?

当メディアでも『運気を上げる!願いが叶う!波動の高い言葉・言霊【最強7選+α】』の記事にて、波動の高い言葉の1つとしてホ・オポノポノをご紹介しています。

ホ・オポノポノはハワイの伝統的な問題解決の知恵であり、4つの言葉を唱えるだけで悩みが消えるという癒しのツール。世界的にも広く取り入れられています。

神道における『禊(みそぎ)』に通ずる部分もあり、波動を上げる効果もあるでしょう。

今回は、そんなホ・オポノポノについて、初めて聞いた方にも分かりやすいように詳しく解説していきます。ホ・オポノポノを正しく理解して、ぜひあなたのより良い人生のためにご活用いただけたら幸いです。

ホ・オポノポノとは?

ホ・オポノポノとは?

ホ・オポノポノはもともとは、ハワイにおける伝統的な解決法や考え方、病気からの回復法・予防法のことを意味しています。ハワイ語においてホ・オポノポノは「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義されています。

これをハワイ伝統医療のスペシャリストであるモーナ・ナラマク・シメオナ女史(1913-1992)が、現代社会で活用できるようアレンジしたのが「セルフアイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)」です。

モーナ・ナラマク・シメオナ

モーナ・ナラマク・シメオナ
州宝 Sith-Hooponopono創始者
(1913-1992)
出典:hooponopono-asia.org

近年、日本でも広く認知されつつあるホ・オポノポノは「セルフアイデンティティ スルー ホ・オポノポノ(SITH)」のことを指します。以後、当メディアではSITHのことをホ・オポノポノと呼びます。

ホ・オポノポノは国連やUNESCO、WHO(世界保健機関)、ハワイ州立大学ほか、さまざまな国際会議や高等教育の場でも紹介されています。

その目指すところは「この地球上に人間として生を受けたことの個人的な意味」をより豊かに理解し、さらなる気付きへと歩みを深めること。(ホ・オポノポノ公式サイト参照)

ホ・オポノポノは国籍、年齢、性別、宗教を問わず、誰でも、誰の力も借りずに実践できる問題解決メソッド。その教えはハワイから飛び出し、世界中に広く共有されています。

ホ・オポノポノは潜在意識のセルフクリーニングツール?

ホ・オポノポノは潜在意識のセルフクリーニングツール?

ホ・オポノポノの考え方のベースは

「私たちに起こる様々な問題は他人のせいではなく、自分の「潜在意識」の中にある「記憶」が現実化したもの。記憶を手放し消していくこと、つまり記憶の消去(クリーニング)を行うことで問題を解決しよう!」

というもので、潜在意識のセルフクリーニングツールとして紹介されています。

思い出すことがないような遠い過去の体験であっても、潜在意識の中にはしっかりと蓄積されていて、私たちの思考や選択に大きな影響を及ぼしています。

潜在意識の中に悪い記憶があれば悪いことが現実におきるし、良い記憶があれば良いことが現実におきます。引き寄せの法則の考え方と共通するものがあるでしょう。

ホ・オポノポノのクリーニングを実践することで、悪い記憶がクリアリングされ、私たちに起こる問題(悪いこと)も解消されていく、と考えられています。

ホ・オポノポノのやり方はシンプルで簡単!

ホ・オポノポノのやり方はとても簡単です。
具体的にやることは次の4つの言葉を唱えるだけ。

ありがとう ごめんなさい 許してください 愛しています

この4つの言葉を繰り返し唱えることが、ホ・オポノポノの基本のクリーニング方法とです。ホ・オポノポノの良いところは、この言葉を繰り返し唱えていれば効果があるというシンプルさにあります。

たったこれだけ?

と思うほどに簡単でシンプルな実践方法なので、「本当に効果があるのか?」と心配になるかもしれませんが、効果を実感している人はたくさんいるので、騙されたと思ってやってみましょう。

誰(何)に向けて唱えるのか?

誰(何)に向けて唱えるのか?というと、自分の潜在意識や、潜在意識の中の記憶です。ホ・オポノポノでは潜在意識のことを「ウニヒピリ(Unihipili)」と呼んでいます。

唱える時は声に出しても良いですし、心の中で唱えるのでも構いません。繰り返し繰り返し唱えることで、潜在意識の中にある悪い記憶をどんどん消去していきます。インナーチャイルド(子供のころの記憶)を癒すことができます。

朝起きた時、食事前、寝る前、入浴中、通勤中など、ルーティン化すると良いかもしれません。

4つの言葉はアレンジしても大丈夫!

「ごめんなさい」「許してください」に違和感や苦しさを感じる人もいるようです。その場合は、省略して「ありがとう」「愛しています」だけにしたり、「最終的には愛していますだけ言えばOK!」とする考え方もあります。

また、順番を入れ替えるのもOK。あなたにとって「言っていて心地良いように」「しっくりくるように」アレンジしても構いませんので、ベストな言い回しを見つけましょう。

さらに具体的なやり方については、次の記事が参考になるでしょう。

ホ・オポノポノで潜在意識をクリーニングできる原理とは?

ホ・オポノポノで潜在意識をクリーニングできる原理とは?

なぜ4つの言葉「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」と唱えるだけで、潜在意識のセルフクリーニングができるのでしょうか?

自己を形成する4つの要素を知ろう!

ホ・オポノポノでは次の4つの要素によって、自己(セルフアイデンティティー)が形成されていると考えています。

神聖なる存在・・・ディヴィニティー(divinity)
超意識・・・アウマクア(Aumakua)
表面意識・・・ウハネ(Uhane)
潜在意識・・・ウニヒピリ(Unihipili)

自己(セルフアイデンティティー)

この4つが1つの共同体として働いています。

ディヴィニティー(神聖なる存在)

「宇宙の根源エネルギー」「天地宇宙のすべて」「神」のように言い換えることができるでしょう。

アウマクア(超意識)

高次な自己と言われています。「神我(真我)」「アートマン」「直霊(なおひ)」「モナド」「ハイヤーセルフ」のようなもの。「自分自身の本体」「自分自身のエネルギーの根源」と言ったら分かりやすいかもしれません。
アウマクア(超意識)は潜在意識の影響を受けず、常にディヴィニティー(神聖なる存在)と一体です。

ウハネ(表面意識)

普段、思考している私たちの日常的な意識のこと。アウマクア(超意識)からのインスピレーション、または潜在意識の記憶の指示にしたがいますが、たいていは潜在意識の記憶に支配されています。

ウニヒピリ(潜在意識)

幼少期のトラウマなどの「インナーチャイルド」にも対応しますが、それだけにとどまらず、地球の誕生から陸海空に存在するすべての動植物、生命体、無機質までの記憶、アカシックレコードを含んだものの総称とされています。魂のメモリーバンク

ホ・オポノポノで潜在意識のクリーニングができるまでの6ステップ

公式サイトを見ると、ホ・オポノポノの実践により、次の6つのステップをたどることで、潜在意識のクリーニングができるとされています。

ホ・オポノポノの実践で潜在意識のクリーニングができるまでの6ステップ

ウハネ(表面意識)がホ・オポノポノを実践!これはイコール『ディヴィニティー(神聖なる存在)への記憶のクリーニング依頼』となります。依頼内容はウハネ(表面意識)からウニヒピリ(潜在意識)に降りていきます。

ウニヒピリ(潜在意識)へ降りた依頼内容は、ウニヒピリからアウマクア(超意識)へと昇っていきます。

③アウマクアは依頼内容を整えて修正し、ディヴィニティー(神聖なる存在)のもとに届けられ、最終的な精査・検討がなされます。

ホ・オポノポノの実践で潜在意識のクリーニングができるまでの6ステップ

ディヴィニティーは変換エネルギーをアウマクアへ流し込みます。

変換エネルギーは、アウマクアからウハネへと流れていきます。

ウハネからウニヒピリへと流れたら、指名された記憶はクリーニングされ、無となり去っていきます。

以上の6ステップによって、潜在意識の記憶のクリーニングがなされるとのこと。

ホ・オポノポノのことが書かれている他のブログやサイトでは、潜在意識ウニヒピリのみに焦点が当たっていることが多いですが…
高次元の自分であるアウマクア(超意識)を通し、ディヴィニティー(神聖なる存在)のエネルギーによって記憶がクリーニングされている、というのが重要なポイントでしょう。

何も考えずに4つの言葉を唱えるだけでも十分に効果はありますが、このような背景があることを認識しておくことで、より効果を実感できるかもしれません。

ホ・オポノポノの実践は神道の『禊(みそぎ)』と同じ?

ホ・オポノポノの実践は神道の『禊(みそぎ)』と同じ?

ホ・オポノポノで潜在意識をクリーニングことは、神道における『禊』に通ずるものがあります。

神道は禊に始まり、禊に終わるといいます。

禊の神話的起源は、伊邪那岐命(イザナギノミコト)が死者の国である黄泉国から帰ってきたときに、死者の国の穢れを祓うために、筑紫日向橘小戸の阿波岐原で禊祓(みそぎはらい)を行ったことにあるとされています。

禊というと滝に打たれることをイメージされるかもしれませんが、海や川に入るというのもありますし、祝詞を唱えるのも禊になりますし、神社参拝の行為自体も禊になります。禊の方法はたくさんあるのです。

禊をすることで「自分の不要なもの、エゴ、感情、怒り、悲しみ、苦しみ、悔い、罪悪感、執着」などをクリアリングできます。禊を続けることで御霊が顕現し、神我一体の境地にたどり着くことができます。

ウハネ(表面意識)・ウニヒピリ(潜在意識)をクリアリング(禊)することで、アウマクア(超意識=御霊)へとつながり、ディヴィニティー(神聖なる存在=神)と一体になれる。

ホ・オポノポノの実践は神道の禊ととても似ていると思いませんか?

ホ・オポノポノの効果~記憶のクリーニングでどうなる?

ホ・オポノポノの効果~記憶のクリーニングでどうなる?

ホ・オポノポノで潜在意識の記憶をクリーニングすることで、どんな効果があるのでしょうか。

私たちは本来、ディヴィニティー(神聖なる存在)から、人生に必要なインスピレーションを与えられているとホ・オポノポノは考えます。

しかし、ほとんどの人は潜在意識の記憶が混在しており、それが邪魔をしてインスピレーションが入る隙間がないのです。

潜在意識の記憶は私たちの考え方や習慣などに、大きな影響を与えています。

幼い頃に両親から十分に手をかけてもらえなかったという記憶。両親を許せないという思いがあり、その影響でそんな自分を責め、自分は幸せになってはいけないと思ってしまい、幸せになれない選択肢ばかりを選んでしまう。

幼い頃にお金で苦労したという記憶。お金に対する嫌悪感をもっていて、経済的に豊かになれないことばかりしてしまう。

幼い頃に仲間外れにされたという記憶。人から拒否されるのを極度に恐れてしまい、自分がやりたいことよりも人を優先してしまう。

などなど、たくさんのネガティブな記憶が混在し、私たちの人生にネガティブな影響を与えています。

そんな記憶を消去していくことで、雲の隙間から光がさすようにインスピレーションがやってくるようになります。

インスピレーションは必要なときに必要なタイミングで届くもの。インスピレーションを当たり前のように受け取れるようになると、必要なときに必要な人・モノ・コトが手に入るので、自然に幸せになっていくのです。

ホ・オポノポノによって潜在意識がクリーニングされれば、『仕事/人間関係/恋愛/お金/健康/病気/子育て』などなど、様々な問題が解決していくと考えられています。

まとめ:ホ・オポノポノで「ほんとうの自分」を生きよう!

以上、ホ・オポノポノがどんなものなのか解説させていただきました。

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています

この4つの言葉を繰り返し唱えるだけで、潜在意識の記憶がクリーニングされ、私たちに起こる問題を解消することができます。

ホ・オポノポノの公式サイトには次のように書かれています。

問題は、外にはありません。
問題の本当の原因は、あなたの内にいるもう一人の自分『ウニヒピリ』が、 これまで溜め込んできた記憶です。
「ホ・オポノポノ』であなたは、記憶を消去する方法を学びます。
そして、もともとあなたが そうであったはずの完璧で美しい 「ほんとうの自分」を生きるのです。
イハレアカラ・ヒューレン博士
参照:公式サイト ホ・オポノポノとは

「ほんとうの自分」というのは、

ウハネ(表面意識)が
ウニヒピリ(潜在意識)と手を取り合うことで、
アウマクア(超意識)が顕現し、
ディヴィニティー(神聖なる存在)とつながっている。

つまり、4つが1つの共同体として機能している自分のことです。

ホ・オポノポノにより潜在意識のクリーニングが進めば、そこから生じていたマイナスの影響がなくなり、ディヴィニティーからインスピレーションがどんどん降りてくるようになります。

ぜひ日常にホ・オポノポノを取り入れて、「ほんとうの自分」を生きていきましょう!

最初のコメントをしよう

必須