カタカムナウタヒ5首6首7首の意味や唱える効果!唱え方3つのコツとは?

カタカムナウタヒ5首6首7首の意味や唱える効果!唱え方3つのコツとは?

カタカムナウタヒという歌をご存じでしょうか?

カタカムナウタヒを唱えることで「願いが何百倍も何千倍も叶いやすくなる」などの恐るべきパワーがあるとされ、今、とても注目を集めています。

80首もあるカタカムナウタヒですが、特に重要視されているのが5首・6首・7首。

今回は、カタカムナウタヒ567首について…

・そもそもカタカムナとは何?
・唱えることでどんな効果があるのか?
・具体的な意味は?(意味を知ることで効果が高まる!)
・効果的な使い方のコツは?

などなどお伝えしていきます。
カタカムナウタヒを使いこなして、人生の質を高めていきましょう!

そもそもカタカムナとは?カタカムナウタヒとは?

そもそもカタカムナとは?カタカムナウタヒとは?

カタカムナとは上古代の約1万2000年以上も前に、日本で栄えた高度な文明であるとされています。カタカムナが発見されたのは1949年、楢崎皐月(ならざきこうげつ)氏が、兵庫県六甲山系金鳥山付近で土地の電位測定の調査を行っていたところ、平十字(ひらとうじ)と名乗る男性に出会ったことから始まります。

楢崎氏を気に入った平氏が、祖先から代々受け継がれてきた「カタカムナ神社」の御神体の巻物を楢崎氏に見せてくれました。

これが「カタカムナウタヒ(歌)」で、80首からなる渦巻き状に綴られた幾何学的な文字だったのです。

「カタカムナウタヒ(歌)」

楢崎氏は平氏にその巻物の書写を願い出て、この時に写し取ったものが「カタカムナ文献」として残されています。

カタカムナウタヒ80首は、基本的には5音・7音の区切りであることから、日本の和歌や俳句の源流であるとも考えられています。また、カタカムナ文字は、現代の日本語のカタカナ四十八音図にあてはめることができ、私たちが使っているカタカナ文字の原型であるともされています。

カタカムナウタヒ5首・6首・7首を唱える効果(パワー)とは?

カタカムナウタヒは5首・6首・7首だけ唱えれば良い?

カタカムナウタヒは80首もあるため、「1~80まで全部覚えないといけないのか…」と、高いハードルに感じてしまうかもしれませんが、実際には5首・6首・7首の3つだけで十分とされています。

5首:ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ
6首:ソラニモロケセ ユヱヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ
7首:マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ

もちろん、カタカムナを研究したいのであれば好きなだけ覚えたら良いのですが、カタカムナの神髄は5首・6首・7首に集約されているとのことで、一般の人は5首・6首・7首のみ唱えたら、そのパワーを十分に実感できるでしょう。

では、カタカムナウタヒ5首・6首・7首を音読することで、どんな効果があるのでしょうか?その恐るべきパワーを知っておきましょう。

カタカムナウタヒ567首の効果にビックリ!願い事が叶う?

カタカムナウタヒの分析によると、世界には現象界と潜象界からできています。

・潜象界…目に見えない高次元世界(神々の領域)
・現象界…目に見える三次元世界(私たちの住む世界)

潜象界と現象界はお互いに繋がっていて、エネルギー・物質・情報等が循環しているそうです。

カタカムナウタヒ7首の最後に「ミスマルノタマ」という文言がありますが、5首・6首・7首を唱えることで、ミスマルノタマという球体が現われます。下の図のように、球体にすっぽり入っている状態をイメージしましょう。

ミスマルノタマ

出典:katakamuna.shop

このミスマルノタマは潜象界と現象界の両方にまたがっており、目に見える三次元世界にいながらも高次元のエネルギーを受けとることができるそうです。

高次元のエネルギーを受け取ることでどうなるのか?カタカムナ研究で有名な丸山医師によると…

ミスマルノタマの中では、自分の目の前にいる人の軽い病気や症状を簡単に一瞬で消すことができる。さらに、その中では私たちの脈拍は安定し、呼吸は深くなり、目は物事をハッキリと見ることが出来るようになる。人間の創造の源である脳の前頭前野の血流量も増大し、活発に働く。その結果、インスピレーションを受けやすくなり、思いもよらないアイディアやテクノロジーを開発できるようになる。それだけでなく、通常の世界にいる時よりも願いが何百倍も何千倍も叶いやすくなる。

と説明されています。

「え?そんなにもスゴイ効果があるの??」と疑いたくなるような内容ですが、実際に、カタカムナを治療の現場で活かしている丸山医師の言葉は、とても納得できるものではないでしょうか。

カタカムナウタヒによって願望成就が早まる!?

なぜ私たちの願いが叶いにくいのかというと、この世界には時空の概念があり、願ったことが現象化するまでタイムラグがあるからです。その願いを意識し続けていけばいずれ現象化されますが、多くの人は願いが叶うまで継続ができません。

また、私たちの願いはあくまで「顕在意識」によるもの。

・お金持ちになりたい
・仕事が上手くいきますように
・人間関係が良好になりますように

と顕在意識では思っていたとしても…

・お金持ちにはなれっこない
・仕事は厳しくて難しい
・人間関係なんてめんどくさい

と潜在意識で思っているとしたら、潜在意識の方がはるかにパワフルなので、潜在意識で思っていることが現象化されてしまうのです。

でも、ミスマルノタマの中で高次元のエネルギーにふれることで、時空の概念を超越することができ、顕在意識と潜在意識の融合を手助けしてくれるので、私たちの願いが実現しやすくなるのです。

ちなみに、このメディアでは「アセンションのために波動を上げること」が大きなテーマですが、カタカムナウタヒ567首を唱えることは波動UPにとても有効だと考えています。

波動についてはこちらの記事が参考になります↓

カタカムナウタヒ5首・6首・7首の意味を知ろう!

カタカムナウタヒ5首・6首・7首の意味を知ろう!

カタカムナウタヒはただ音読するだけでも効果はありますが、意味を知っておくことでより有効に働いてくれるでしょう。研究者によってさまざまな解釈がありますが、「波動を上げる」「覚醒」「アセンション」をテーマとしての解釈に絞ってお伝えします。

カタカムナウタヒ5首・6首の意味とは?

カタカムナウタヒ5首・6首はセットで説明されることが多いです。

5首:ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ
6首:ソラニモロケセ ユヱヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ

ヒフミヨイ

1・2・3・4・5の数字です。

・ヒ(1)…靈のこと。創造神の光の分光である神我・直靈(ナオヒ)・モナドのこと。大いなる存在の一部である自分のこと。
・フ(2)…潜象界(非物質領域)・現象界(顕われている領域)の2つの世界にまたがる。
・ミ(3)…魂(潜象界)・霊体(パイプ役)・肉体(現象界)の3重構造となる。
・ヨ(4)…代(時間)と世(空間)・・・時空が生まれる。
・イ(5)…いつ(トキの特定)。いづ(位置の特定)。時間と場所、座標軸を特定し存在する。

もともと創造神の分光だった神我が、潜象界・現象界にまたがり、地球という時空の世界を体験するために、肉体をもって降り立った。

ということで、ヒフミヨイは「ディセンション」を意味しています。私たちはもともと神性なる存在で、地球を体験しにやってきたんだよ~、ということです。

マワリテメクル

私たちの住んでいる地球や、金星や木星などの惑星は、太陽の周りを公転しています。学校の教科書を見ると、太陽は止まっているように思いますが、実は、太陽もものすごい速さで動いているのです。

なんとそのスピードは時速70000km!まずは次の動画をご覧ください。

そして、太陽(太陽系)は螺旋を描きながら、天の川銀河の中心を軸として回転しています。螺旋1周に26,000年、銀河を1周するのに2億2600万年という途方もない時間がかかっています。

いかがでしょうか?
私たちが生きている100年くらいの時間は、宇宙の営みからすれば、ほんの一瞬の出来事のように思えませんか?

上記で、螺旋1周に26,000年といいましたが、その半分である13,000年ごとに、宇宙の覚醒エネルギーが開いたり閉じたりするそうです。

13,000年前というとちょうどカタカムナの時代。カタカムナの時代の人々は、覚醒しているのがスタンダードだったとのこと。

そこから13,000年のときが経ち、宇宙の覚醒エネルギーが再び開いたために、今は誰でも覚醒しやすくなっているし、アセンションもしやすい時代になっているのです。ここ数十年でスピリチュアル熱が一気に高まっているのは、こういった時代の背景もあるようです。

つまり、マワリテメクルというのは「宇宙の周期がまわってきて、宇宙の覚醒エネルギーがめぐってきた」ことを意味しています。

ムナヤコト

6・7・8・9・10の数字です。

・ム(6)…ムスビのこと。。
・ナ(7)…地球。木・火・土・金・水・日・月の元素霊とのムスビで地球が成る。
・ヤ(8)…進展・発展・進化。やさかいやさか。
・コ(9)…1ケタの最高位。究極。
・ト(10)…神の数、遍在。

ヒフミヨイがディセンションだったのに対して、ムナヤコトはアセンションを意味します。

ヒフミヨイムナヤコト

ヒフミヨイで天から地に降り立ち、まわりてめくり、ムナヤコトで地から天へ昇っていく。この往復の行を完成させることで、本当の意味でヒト(靈止)になります。

人は靈止(ヒト)です。創造神の靈が止まった存在が人だと説明されます。いわゆる悟りの境地ともいえるでしょう。

ただ、悟りはゴールではなくスタートです。
神性を自覚した靈止として、神の世とこの世を行き来しながら、世のため人のために働いていく。宇宙の進化のために働いていく。そんな意識が大切でしょう。

アウノスヘシレ

「会うの術知れ」と言い換えることができ、「神我(創造神)に会う方法を知りなさい」ということ。神我は直靈(ナオヒ)・モナドといっても良いです。
神道の考え方では、私たちの魂は創造神の分霊です。自分自身の魂とリンキング(会うことが)できれば、イコール創造神を知ることになるのです。

カタチサキ

「会うの術」の1つがカタチサキ。

・形幸…天津金木(アマツカナギ)…神聖幾何学
・型チ先…天津菅曽(アマツスガソ)…天との気線(アンタカラナ)構築
・カタカムナ…言霊(ことだま)

三大皇学としての天津金木・天津菅曽・天津祝詞があり、これらの訓練・活用をすることで自分の神性(神我)に到達できる、という方法論を意味しています。天津祝詞については次の記事にまとめました↓

ソラニモロケセ

・ソラ…空間、または空っぽ。
・モロ…たくさんあること。モロに。
・ケセ…ある、または単純に「消す」。

1つの解釈としては、「空間に満ちあふれていること」を意味しています。前項のカタチサキによるエネルギー、天との気線のエネルギーが空間にチャージングされていること。

また、「空」の境地になるように「クリアリングすること」「禊をすること」も意味しています。デトックスをする・変なものを食べないなどの肉体面におけるクリアリングだけでなく、エゴを消す・雑念を消すなどの内面のクリアリングもあります。人によっては先祖供養なども含むでしょう。

これらも会うの術の方法の1つです。

ユヱヌオヲ

・ユヱヌ…由ヌ。法則により
・オ…起きる。神我を知ることで。靈止になることで。
・ヲ…終える。創造神を知ることができる

宇宙の法則により、靈止になることで創造神に出会うことができる、ということを意味します。

ハエツヰネホン

地球人のボディは宇宙でも特別に物質性が濃く、神の意識を100%忘れてしまうそうです。創造神との究極の分離感を体験できるのが地球という惑星です。

だからこそ、神我意識を獲得するということは、映えあるネホン(根本)への帰還、つまり創造神の元へ帰ることを意味するのです。

カタカムナ

その働きがカタカムナにあるので学びましょう。ということ。

簡単ではありますが、カタカムナウタヒ5首・6首の意味について説明しました。

カタカムナウタヒ7首の意味とは?

7首:マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ

カタカムナウタヒ7首は、宇宙の創造神である「アマノミナカヌシ」の神様と、「タカミムスヒ」「カムミムスヒ」の神様によって、「ミスマルノタマ」が私たちの周囲に現れると書かれているそうです。

・アマノミナカヌシ
・タカミムスヒ
・カムミムスヒ

は「造化3神」といって、天と地ができた原初のときに、初めて高天原に成った3柱の神様のことです。とても高格な神様なのです。

ミスマルノタマは次の画像をイメージすると良いでしょう。

ミスマルノタマ

・マカタマノ…外側の球をイメージ。
・アマノミナカヌシ…中心の一点をイメージ。
・タカミムスヒ…正八面体の上部をイメージ。
・カムミムスヒ…正八面体の下部をイメージ。
・ミスマルノタマ…球、正八面体、一点のすべてを統合した図形をイメージ。

この図形は「カタチサキ…天津金木(アマツカナギ)…神聖幾何学」の基本的な形の1つとなります。

中心の一点が臍下丹田を位置するようにイメージしましょう。

臍下丹田

出典:1sshindo.com

音読が効果的?カタカムナウタヒ567首の唱え方3つのコツ

カタカムナウタヒ567首の唱え方や使い方のコツ

【コツ1】背骨や全身に響かせよう!基本は音読?

カタカムナウタヒの唱え方は人それぞれですが、基本的には音読をオススメします。背骨のライン上にチャクラが配置されていることから、特に背骨に響かせるようなイメージで音読すると、チャクラ活性にもなって良いでしょう。

背骨を中心に、全身の細胞に響かせるように唱えることで、カタカムナウタヒの言霊のヴァイブレーションが全身に伝わっていきます。

電車での通勤中など、人がいるような場所においては、黙読する方法でも構いません。音読とはだいぶ感覚が変わりますが、黙読は黙読で効果があります。

【コツ2】イメージをすること、または音に集中すること!

言霊はイメージが伴うことで、よりパワフルに作用します。たとえば、波動の高い言葉の1つに「ありがとう」がありますが…

・感謝の気持ちゼロだけどイヤイヤ言う「ありがとう」
・効果があると言われて1日1000回のノルマ達成のために言う「ありがとう」
・親切にされて嬉しくて言う「ありがとう」
・太陽、水、自然の恵みなど背後まで感謝の心あふれる「ありがとう」

音としては同じ「ありがとう」でも、感謝の深さや情報量は大きく異なりますし、その言葉を聞いた印象もおそらく全く違うでしょう。明確なイメージを持つことで、より言霊の効果が発揮されるということです。

ただ、カタカムナウタヒ567首の言霊そのものに大きなパワーがありますから、一音一音に集中して、一音一音を大事に発声してみるのもオススメです。

波動を上げる言霊については次の記事も参考になるでしょう。

【コツ3ミスマルノタマを意識すること

カタカムナウタヒ567首を唱えることで、ミスマルノタマという球体が現わるとされています。7首を唱えるとき、最初のうちは図をしっかり意識しながら唱えることをオススメします。

ミスマルノタマ

・マカタマノ…外側の球をイメージ。
・アマノミナカヌシ…中心の一点をイメージ。ここが下丹田に対応する。
・タカミムスヒ…正八面体の上部をイメージ。
・カムミムスヒ…正八面体の下部をイメージ。
・ミスマルノタマ…球、正八面体、一点のすべてを統合した図形をイメージ。

ということでした。

カタカムナウタヒ567首を毎日3セット唱えて波動を上げよう!

以上、カタカムナウタヒ567首について解説しました。

カタカムナウタヒ5首・6首・7首の意味については少々簡易的な説明になりましたが、説明したようなイメージで唱えていただけたら、「波動が上がっているな~」と実感できると思います。

一般的なカタカムナウタヒの効果である

・インスピレーションを受けやすくなる。
・願いが何百倍も何千倍も叶いやすくなる。

なども感じていただけるかもしれません。

カタカムナウタヒの解釈や唱え方については研究家によって様々。当メディアでは「アセンション」「波動を上げる」「覚醒」がテーマになっているので、それに準じた解釈や唱え方となっています。

「こういった考え方もあるんだな~」くらいな感覚で一度試していただいて、あなたに一番合ったやり方を採用していただけたら幸いです。

最初のコメントをしよう

必須