風の時代とは?地(土)の時代との違い&生き方のヒントをわかりやすく解説!

風の時代とは?地(土)の時代との違い&生き方のヒントをわかりやすく解説!

最近「風の時代」という言葉をよく耳にしませんか?

本来は占星術の言葉ですが、メディアでよく取り上げられていることもあり、今やすっかりお馴染みのキーワードになっています。

2020年12月22日から本格的に始まったとされる風の時代ですが、以前の「地(土)の時代」とは“真逆”といって良いほど大きな違いがあります。

私たちは時代の大きな流れには逆らうことができません。

「地(土)の時代」の価値観を引きずっていると、人生うまくいかないことが多くなるでしょう。

逆に、風の時代のパラダイムを知り、風の時代に合わせた生き方・考え方・働き方をすることで、万事スムーズに物事が進むようになっていくのです。

そこでこの記事では、風の時代について、これまでの地(土)の時代と比較しながらわかりやすく解説していきます。

そして、風の時代の波に乗るための生き方・考え方・働き方のヒントを12のポイントでご紹介します。

目次

「土の時代から風の時代に」とは?グレートコンジャンクションとは?

「土の時代から風の時代に」とは?グレートコンジャンクションとは?

「土の時代」や「風の時代」は占星術の用語です。

西洋占星術では、約20年に一度起きる“木星”と“土星”の大接近のことを「グレート(偉大な)コンジャンクション」といいます。

木星の公転周期は12年、土星は29年。

木星と土星の接近が、およそ20年に一度しか起こらないからです。

西洋占星術では、12星座を以下の4つの元素(エレメント)に分けて考えていますが…

火の星座 牡羊座・獅子座・射手座
地(土)の星座 牡牛座・乙女座・山羊座
風の星座 双子座・天秤座・水瓶座
水の星座 蟹座・蠍座・魚座

これまでの約200年は、地(土)の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)でグレートコンジャンクションは起こっていました。だから「地(土)の時代」です。

それが、2020年12月22日、グレートコンジャンクションが約200年ぶりに風の星座(水瓶座)で起きました。ここから「風の時代」に突入したのです。

これから200年間は、風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)でグレートコンジャンクションが起こる「風の時代」が続くわけです。

風の時代はまだ始まったばかり。
時代の変化に追いつけていない人も多いのが現実でしょう。

地(土)の時代と風の時代の特徴をキーワードで比較

地(土)の時代と風の時代の特徴をキーワードで比較

地の時代から風の時代の変化について、キーワードとしてまとめてみました。

地(土)の時代 風の時代
学歴・資格・お金・ステータス 人間性・精神性
物質 情報、体験
所有する シェア(共有)する
固定 移動、流動
安定 革新(イノベーション)
蓄積、ストック 循環、フロー
性別、国籍、国境 ボーダレス
組織、会社 個人、フリーランス
縦社会、年功序列 横のつながり、友人、仲間、対等
正社員・終身雇用 自営・プロジェクト参画
成功、上昇 心の喜び
自力で達成 協力、助け合う
常識、既成観念 フレキシブル、斬新なアイディア
目に見える価値 目に見えない価値
我慢、努力、根性 ラクに楽しく
経済の成長、経済的な豊かさ 精神の成長、精神的な豊かさ
建前 本音
キャリアアップ、収入アップ 自分らしさを活かす、成長する
支配と依存 自立と助け合い
単一化 多様化
大都市に集中 田舎・地方都市・グローバル

見て分かるように、地(土)の時代はどっしりと地に足がついた「地盤を固めていく要素」を持っています。

一方で、風の時代はその名の通り、とても軽やかな印象を受けるでしょう。

パッと見、地(土)の時代よりも風の時代の方が軽やかで楽しそう、と感じるかもしれませんが…

地(土)の時代のポイント

地(土)の時代が始まった1800年頃は、第一次産業革命の時代。蒸気機関の発明、農業の発展等により、物が流通するようになった時代です。

前身となる「火の時代」では“家筋”や“身分”がものを言う時代でしたが、地(土)の時代になってお金・学力・肩書といった、目に見える資産形成に価値が置かれるようになりました。

どんな家筋や身分の人であっても、努力や頑張り次第で自分の価値を高めていけるようになったのです。

生産性が優先され、効率よくモノを増産する仕組みが構築され、私たちが「安心して快適に生きる基盤」が出来上がりました。地(土)の時代の200年をかけて、物質的な豊かさを手に入れ、生活基盤を確固たるものにできたのです。

このような意味においては、地(土)の時代はとても重要な役割を担ってくれたと言えるでしょう。

風の時代はどんな時代?6つのポイントで地(土)の時代からの変化をチェック!

風の時代はどんな時代?6つのポイントで地(土)の時代からの変化をチェック!

地(土)の時代から風の時代になって、どんなところが変わったのか?これからどう変わっていくのか?6つのポイントで変化の動向を探っていきましょう。

①仕事の自由度UP!好きなことを仕事にできる時代へ

地(土)の時代においては「大企業に就職して安定収入を目指すこと」が、当たり前の価値観として受け入れられていました。

「終身雇用」「年功序列」という体制でしたから、ある意味、「大企業に入ることがゴール」「大企業に就職すれば一生安泰」のような一面もありました。

筆者自身も「いい大学に入って、いい会社に就職するのが一番」という価値観の家庭で育ったので、うちの親はまさに地(土)の時代の考え方だったんだな~と思い出されます。

しかし、風の時代になってわずかですが、今ではすっかり過去のものになっています。

大企業でもいつ倒産するか分からない。給料の高い中高年はリストラ対象に。三年以内の離職率は30%越え。もはや「骨をうずめる覚悟」で就職する若者はいないでしょう。

「大企業の副業解禁」の情報をよく見かけるようになり、副業や複業で複数の収入源を持つことが当たり前になりつつあります。

ココナラといったスキルシェアサービスも広く普及し、自分の知識やスキル、経験を活かして、フリーランスや個人事業主になる人も増えていくでしょう。

その都度プロジェクトを企画し、自分の得意なことにフレキシブルに参画していくようなスタイルも当たり前になるのではないでしょうか。

さらに言えば、これからは人間が行うほとんどの仕事はAIにとって代わられるいいます。

ただ、これをネガティブに思う必要はありません。
ベーシックインカムも導入され、「働かなくて良い時代」「好きなことに没頭すれば良い時代」になるとも言われていますから。

早くそんな未来が現実化されたら良いなって思いますね。

また、コロナ禍をキッカケにリモートワーク・テレワーク化している会社も多いですが、風の時代では「満員電車でオフィスへ通勤」という制約から開放され、よりストレスフリーに働ける人が多くなると思います。

特に、デスクワーカーはどこに居ても仕事できることが分かりましたから、家賃が高く住みにくい大都市から、田舎や地方都市に住む人も多くなることが予想されます。

②ライフスタイルに合わせて住まいをチョイス♪田舎へ移住する人も

仕事の在り方が変われば、住まいも変わります。

地(土)の時代では、多くの企業オフィスが都心部に集中することから、大都市周辺に自宅を構える人が多かったです。

「通勤は1時間圏内。会社に近い都内近郊。」という仕事ファーストの住まい選びが当たり前でした。東京都の郊外や、埼玉県、神奈川県、千葉県などの一部の都市は、ベットタウンとして住居者がとても増えましたね。

風の時代では、コロナ禍で在宅勤務の人が増えたことを皮切りに、住む場所にこだわらない生き方が主流となっていくでしょう。

自然豊かで空気が綺麗な田舎で、自給自足の生活をしながらテレワークをしたり…
海が好きだから湘南に住んで、趣味のサーフィンを楽しみながら仕事したり…
多拠点を構えて、そのときどきの仕事や季節に合わせて、フレキシブルに住居を住み替えたり…

ライフスタイルに合わせて住まいを自由にチョイスできる時代になっていきます。特に、都心部から田舎や地方都市へ移住する人が増えていくと予想できます。

③人間関係のストレスが激減?縦社会から平等社会へ

地(土)の時代では、会社・組織・終身雇用・年功序列・肩書といったものが重要視されていましたから、会社の人間関係で悩む人も多かったはずです。

これは「企業で一生涯働く」という考え方があったからこそ、起こる悩みでしょう。

近年では「より自分の個性を活かせる職場への転職する」「複業やフリーランスで自分の能力を活かす」という考え方も浸透してきました。

風の時代の“個人の自由”という価値観にシフトしたことにより、組織の上下関係などに縛られない時代になっていくでしょう。

縦社会から対等な社会へ。役職が上だからといって理不尽な要求をしたり、肩書や実績でマウントをとったり、そんな優劣意識のないフラットな人間関係になっていくと考えられます。

④目に見えない価値にお金が使われるように

物質的な豊かさに価値があった地(土)の時代においては、よりたくさんのお金を稼いで「貯める」ことや、そのお金で家・車・家電製品といった「モノを所有すること」が重要視されていました。

しかし、これからの風の時代では、「情報や体験の豊かさ」「自己成長」のためにお金を使うようになります。すでにそうなりつつありますね。

一番の投資は自己投資です。

さまざまな体験をし、情報収集し、学びを深め、自分を成長させていく。人間性・精神性を高めていく。

そういった目に見えない価値のために、お金を使う人が多くなるでしょう。

⑤自分らしさや多様性を認め合う時代に

地(土)の時代ではテレビやラジオ、新聞など、一部の主要メディアから情報収集が行われていたため、「みんなと同じであること」が求められがちでした。

世間体が大切であり、世の中の常識とズレたことをして後ろ指を指されるのを嫌う傾向にありました。

風の時代では「自分にとっては●●が価値がある」「自分はこういう考えでこういうことをしたい」と言える自由度が増していくでしょう。

みんなが同じブームを追うのではなく、自分らしく自分がワクワクすることを探求できるのが風の時代です。自分の個性を好きなように表現できるのが風の時代です。

実際、ブログやYouTubeで情報発信する人も増えていきますし、その情報から学ぶ人も増えています。周りに流されるのではなく、自分で情報収集し、自分の意見を持つ人も多くなりました。テレビは見ないという若者も多いですね。

また、ジェンダーギャップ(男女格差)、LGBTQ、人種に対する差別はNGであるのはもちろん、自分とは違う価値観を持つ人を受け入れることが求められています。

自分らしさを発揮しつつ、それぞれの多様性を認め合う時代になっているのです。

⑥目に見えないものやスピリチュアルへの関心が高まる

近年、量子力学によって、世の中にあるあらゆるモノは“目に見えない小さな存在(=素粒子)”で作られていると分かりました。そんな素粒子は物質と波動の二重性があることが認められています。

万物すべては物質であり、波動でもある

ということ。当メディアでも波動について解説しています。

そんな“目に見えないもの”への関心が高まっているのも、風の時代ならではかもしれません。

スピリチュアルも、一昔前であれば即座に「アヤシイもの、宗教?」と扱われていましたが、江原啓之さんや美輪明宏さんの“オーラの泉”によってスピリチュアルブームが起こり、今ではすっかり身近な存在として扱われるようになりました。

風の時代になり、ますますスピリチュアルが受け入れられるようになるでしょう。

当メディアでも、人生に活かせるスピリチュアル情報をどんどん公開していきます。

風の時代の流れに乗る生き方・働き方・考え方12のポイント

風の時代の流れに乗る生き方・働き方・考え方12のポイント

私たちは無意識的に「宇宙の流れ」に沿った生き方をするようになっています。大きな流れには逆らえません。

今は風の時代ですから、風の時代に沿った生き方に自然と変化していくでしょう。

逆に言えば、過去の地(土)の時代の価値観を引きずったままでは、生きづらくなってくるということ。

いち早く風の時代の流れに乗るためにも、意識的に風の時代にマッチする生き方・働き方・考え方にシフトしていくことが大切でしょう。

ここでは12のポイントで、風の時代の流れに乗るヒントをお届けします。

①自分らしさを追求していこう

風の時代になってから、特に目にするようになったキーワードが「多様化」です。「人と同じ」である必要はありません。常識や既成概念にとらわれる必要はありません。

自分らしさをどんどん発揮し、表現していきましょう。自分にとって「好きなこと」「得意なこと」「やりたいこと」をどんどん追求していきましょう。

もしかしたら、「何をやったらいいかわからない」と思うかもしれません。

良かったら次の記事を参考に、あなたならではの好きや得意、才能といったものを見つけてください。

②自分にキャッチコピーをつけてみよう

自分らしさを追求したら、それをキャッチコピーとして表現してみると良いかもしれません。風の時代は「個」が注目される時代です。「私はこういう存在である」というキャッチコピーは、あなたのブレない軸になるでしょう。

もちろん、キャッチコピーは自由に変えれますから、気軽に試してみてください。

③人の自分らしさを肯定しよう

自分らしさをどんどん発揮するのはもちろん、「人の自分らしさ」を肯定することも大切です。風の時代はお互いの自分らしさや多様性を認め合う時代なのです。

例え、自分とは違った考え方であっても、「その考え方も素晴らしいですね」と肯定する意識を持ちましょう。

「天上天下唯我独尊」という釈尊の有名な言葉があります。

この言葉の意味するところは

『この世界にただ一人の、誰とも代わることのできない人間として、何一つ加える必要もなく、生まれたままに尊い』

ということ。

「すべての人が」です。

人はそれぞれが尊い存在。「人の自分らしさ」を肯定する姿勢は、人としてとても大切だと思います。

④お金は貯めるよりも循環させよう

お金をもらったら嬉しいです。
嬉しい=エネルギーが高まったということ。

お金はエネルギーなんです。

エネルギーは水と同じように循環します。溜めていた水が腐ってしまうように、エネルギーも溜めていたら腐ります。

ですから、お金を貯めるのはほどほどにして、循環させることをオススメします。前述したように、自分を成長させる自己投資に使ったり、「お金=投票権」というイメージで、応援したい会社の商品やサービスを購入するといった使い方がオススメです。

良い循環を生み出す使い方をすることで、社会からもたらされる良い循環を受けとることができるでしょう。

⑤働き方を見直そう、副業(複業)やブログもオススメ

「私たちの仕事はAIに取って代わられる」と言われていますが、これは裏を返せば「私にしかできない仕事に打ち込める」時間が増えるということ。

「好きなことで生きていく」というキャッチコピーが一時期とても注目されましたが、まさにそれが当たり前な時代になるでしょう。

だからこそ、自分の好きや得意を活かした、自分らしい働き方にも目を向けていくことをオススメします。

副業(複業)やブログで少しずつ取り組んでみるのもアリだと思います。ちなみに、当メディアも、「好き」「興味」を追求していくイメージで取り組んでいます(^^)

⑥夫婦の在り方をよく話し合おう

ご結婚されている方は、夫婦の在り方をよく話し合いましょう。

地(土)の時代では「妻が家で家事・育児、夫が外で仕事」が当たり前でしたが、風の時代では「得意な方がやる」といった、それぞれの家庭のベストな在り方になっていくはず。

既存のカタチにとらわれず、二人ならではの幸せのカタチを創造してください。

⑦フットワークを軽くしよう

風の時代は「風」というキーワードからも分かるように、軽やかさがポイントです。

気になることや興味があることがあったら、すぐにアクセスしてみてください。そのとき、そのときの「風に乗る」ような軽やかな行動が、開運につながります。

⑧対等で尊重し合う関係性を作るよう意識しよう

風の時代のポイントの1つが、「縦ではなく横のつながり」です。

マウントを取ろうとしたり、役職や立場を利用して人を従わせるような人は、人望を失い自然淘汰されていきます。

少なくとも、自分がそんな意識を持つことなく、お互いに尊重し合う関係性を築くよう意識していきたいですね。

⑨自分の意見を持つ、自分の言葉で話そう

風の時代では「みんながそう言ってるから」と大多数の意見に惑わされず、自分の意見を持ち、自分の言葉で話すことが大切です。

そのためにも主要メディアの情報を鵜のみにするのではなく、自ら積極的に情報を調べたり、体験を増やすことをオススメします。自分の体験を元にした一次情報が一番説得力がありますから。

⑩「~すべき」「~でなければならない」を手放そう

「~すべき」「~でなければならない」という思い込みや固定観念があればあるほど、人の価値観や考え方を受け入れにくくなります。

自分の内面に余白がなくなります。人に自分の価値観を押し付けたくなります。

もし、自分の凝り固まった地(土)の時代ならではの「~すべき」に気付いたら、手放していきましょう。

⑪余計なモノを手放そう

手放すのは思い込みや固定観念だけではありません。
目に見えるモノも手放していきましょう。

風の時代では、モノを持たないというライフスタイルを好む人が増えていきます。近年、「ミニマリスト」という言葉もよく耳にするのではないでしょうか。カーシェアリングサービスの浸透もあり、車を持たないという選択をする人も多くなっています。

「自分にとって本当に必要なモノだけを持つ」という意識で、必要なもの必要でないものを選別し、不要なものはどんどん手放していくことをオススメします。

モノを手放すことは断捨離とも言いますが、断捨離には波動や運氣を上げる効果があります。掃除や家の波動の記事でも解説しているので、良かったら次の記事もチェックしてください。

⑫変化を肯定する心の余裕を持とう

2020年12月22日から風の時代になったとはいえ、200年続いた地(土)の時代から切り替わったばかりです。コロナ禍によって強制的に変化を迫られつつ、まだまだ大きな変化の最中にあります。

大きな変化の中では、どうしても不安を抱えたり、戸惑い悩むことも多いでしょう。でも、それもこれも軽やかで楽しい“風の時代のライフスタイル”へのワンステップです。

心の余裕を持って、変化を肯定し受け入れていきましょう。

まとめ~風の時代の波を乗りこなしていこう

以上、「風の時代」について「地(土)の時代」と比較しつつ、それぞれの特徴を表すキーワードや、変化の動向について解説してきました。

特に分かりやすい大きな変化は、風の時代は「自分らしさ」や「多様性」が認められる時代になったということ。目に見えるモノから目に見えないモノへと、価値基準が移ったということでした。

また、風の時代に波に乗るための、生き方・働き方・考え方のヒントをお届けしました。

風の時代に波に乗る12のヒント

①自分らしさを追求していこう
②自分にキャッチコピーをつけてみよう
③人の自分らしさを肯定しよう
④お金は貯めるよりも循環させよう
⑤働き方を見直そう、副業(複業)やブログもオススメ
⑥夫婦の在り方をよく話し合おう
⑦フットワークを軽くしよう
⑧対等で尊重し合う関係性を作るよう意識しよう
⑨自分の意見を持つ、自分の言葉で話そう
⑩「~すべき」「~でなければならない」を手放そう
⑪余計なモノを手放そう
⑫変化を肯定する心の余裕を持とう

「地(土)の時代」と「風の時代」の価値観は、真逆といって良いほど大きな違いがあります。

大きな戸惑っている人も多いと思いますが、誰もが時代の流れに逆らうことはできません。地(土)の時代の価値観のままでは、どんどん苦しくなっていくはずです。

当記事で紹介したヒントも参考にしつつ、いち早く風の時代の合わせた生き方を心がけていただけたらと思います。

ちなみに、「風の時代」になり、より天命や使命に目覚める人が増えていくことが予想されます。天命や使命を知り、魂を燃やして生きていけたら最高ですね。

良かったら次の記事を参考に、あなた自身の天命や使命について考えてみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA