二元性の意味|二元性を超える(統合する)とは何なのか?

二元性の意味|二元性を超える(統合する)とは何なのか?

スピリチュアルの情報でよく目にする、「二元性」というキーワード。

あなたも見聞きしたことがあるかもしれません。

「二元性を超える必要がある」
「二元性を統合しましょう」

そんな言われ方をします。

しかし、二元性とは一体何なのか?二元性を超える、統合するって何?と、いまいちピンッときてない人も多いようです。

そこでこの記事では、二元性の意味や、二元性を超える(統合する)の意味について詳しく解説していきます。

二元性の意味とは?この世は「二元性」の世界?

二元性の意味とは?この世は「二元性」の世界?

まず始めに、この世界の仕組みとも言える、「二元性」について解説します。

二元性とは、「一つの事象に対して二つの原理があること」であり、簡単にわかりやすくお伝えするなら「2つで1つ」ということです。

いくつか例を出してみます。

・表⇔裏
・光⇔闇
・善⇔悪
・陰⇔陽
・生⇔死
・白⇔黒
・暑い⇔寒い
・好き⇔嫌い
・幸福⇔不幸
・高い⇔低い
・健康⇔病気
・優秀⇔劣等
・金持ち⇔貧乏
・正しい⇔間違い
・楽しい⇔苦しい
・ポジティブ⇔ネガティブ

まだまだありますが、相反する様々な二つの要素で一つということです。

私たちの世界ではこの二元性がベースになっており、「ジャッジすること」が当たり前の習慣になっています。

どちらかが正しくて、どちらかが間違いだ、という思考です。

そして、自分にとって「間違いだ」と判断したものへは、否定的な態度をとってしまいがちです。

そのため、この二元性の思考は、対極する相手との争いごとを引き起こします。その規模が大きくなったものが国と国との戦争です。宗教間の争いです。

二元性がベースになっていると「戦いの意識」が生まれてしまうため、スピリチュアルの世界では「二元性を超えること」「二元性を統合すること」が大切だといっています。

二元性を体験するために生まれてきた

二元性を体験するために生まれてきた

ここまでの解説を聞いて、「二元性って良くないものだよね」と評価するのは早々です。

というのも、私たちは二元性を体験するために地球に生まれてきているからです。

どういうことかと言いますと、例えば、世界に「善人」しかいなかったらどうでしょうか?

みんながみんな人に優しく、親切で、ボランティア精神溢れるだったとしたら…。

それだとそもそも「善人」という概念がなくなってしまいます。

比べる対象がいないと、「そもそも善人って何?」「善い行いって何?」という状態になるんです。

だから、「悪人」がいます。

ゴミをポイ捨てする人がいるから、ボランティアでゴミ清掃をする人がいて、その人の行いが美しく尊いものだと評価されるわけです。

つまり、悪いことをする人がいるおかげで、善いことをする人の行動が引き立つわけです。

また、「病気」があるからこそ「健康」の大切さが分かるように、この世界に「健康」しかなかったら、健康に対するありがたみもなくなってしまいます。

「病気」のおかげで「健康」の素晴らしさを体験できるんです。

すべてにおいて同様のことが言えますが、実は宇宙広しといえど、二元性を一番色濃く体験できるのが地球なのだそうです。

普通、高次元においては同じ周波数の魂が集まるため、自分の周波数以外の体験をすることができません。

「喜び」の周波数帯にいる魂は、自分も周りもみんな「喜び」の周波数の魂ばかり。

「苦しみ」の周波数帯にいる魂は、自分も周りもみんな「苦しみ」の周波数の魂ばかりです。

すると、「もっとレベルアップしたい!」と思っても、その周波数帯から抜け出せません。なかなか成長できないのです。

だから、魂にとって二元性を体験できる地球は“憧れの星”なんです。

パラダイスなんです。

一気に何段階も成長できる可能性を秘めているワクワクの星なんです。

だから、まずは地球の二元性をたっぷりと味わいつくすことが大切です。

二元性を超える!二元性を統合する!どういう意味?

二元性を超える!二元性を統合する!どういう意味?

地球の二元性をたっぷりと味わいつくした上で、二元性を超える(統合する)ことが、次の段階になってきます。

この世界的に「良い部分(善)」と「悪い部分(悪)」を一つにするという事です。

例えば、あなたが癌になったとします。

この場合、【癌=悪いこと】と捉える人が多いでしょう。

「癌になってしまった、最悪だ!人生終わりだ…」

そう思うかもしれません。

この時、癌になったことで「健康を失った」ことになりますが、しかし同時に、失うことによって気づくことがあります。

一つは健康のありがたみです。

失ったことによって、今までは当たり前だった“健康”という状態に“ありがたさ”を感じられるようになります。そして、「もっと身体を大切にしよう」と思えるはずです。

もう一つは家族のありがたみです。

親身に看病してくれた家族、一緒に苦しんでくれた家族。感謝の心が芽生え、「もっと家族を大切にしよう」と思えるはずです。

数えだしたらキリがありませんが、他にもいろいろな気づきがあるはずです。

実は、癌体験者の声の中には、「癌になったおかげで●●できた」のように、癌を患ったことに感謝する声も数多くあるんです。

この「ありがたさ=感謝=プラスの側面」を感じるためには、癌を患うというマイナスの側面が必要だったということ。

このマイナス面が大きいほど、同時にプラス面が隠れています。

そして、ビフォーアフターを比べたとき、アフターで見違えるほど大きく成長することができるのです。

二元性を超える(統合する)とは、これと同じこと。

一つの事象に対して「良いこと」「悪いこと」と分離させるのではなく、その事象をありのままに受け止めること。良い面も悪い面もひっくるめて、認め、許し、感謝すること。

心の底からそう思えたとき、二元性を超える(統合する)という状態になっているはずです。

そしてそのとき、あなたの視座はグイーーーンと上昇しているでしょう。

まとめ

まとめ

以上、スピリチュアルの情報でよく目にする、「二元性」というキーワードについて、

・二元性とは一体何なのか?
・二元性を超える、二元性を統合するとは何なのか?

解説しました。

二元性の意識を超えたとき、統合したとき、心の中に大きな平穏が訪れます。

良い悪いというジャッジがなくなり、世の中すべてのことをありのままに受け入れることができるからです。

二元性を超えることは私たちの意識の進化であり、個人のアセンションの一過程でもあります。

そして、多くの人が二元性を超えた(統合した)とき、世界の争いごとはなくなっているはずです。

スピリチュアルが当たり前になりつつある現代は、二元性の意識を卒業する時期にきているのかもしれません。

とはいえ、そのためにはまずはしっかりと二元性を味わうことが大切。
私たちはそれを体験しにきているのですから。体験なく、知識だけでは、心の深いところから納得することができないでしょう。

ですから、二元性を超える意識を持ちつつ、二元性あふれる地球体験をしっかりと味わっていきましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA