自分のやりたいことが見つからない人に伝えたい7つの考え方【スピリチュアル視点】

「自分のやりたいことが見つからない!」

「本当にしたいことがわからない!」

そんな思いを胸に抱き、モヤモヤしている人はとても多いです。

かくいう私自身も、「本当にやりたいことって何だろう?」「人生の目的って何だろう?」と思い悩んだ過去があります。

今回、そんな悩みを抱えているあなたへ、「本当にやりたいこと」を見つけるための考え方を、スピリチュアル視点を交えてお伝えしていきます。

スピリチュアル視点で「本当にやりたいこと」を考えることで、「やりたいこと」の見方が大きく変化するはずです。

合計7つの考え方を意識し、実践すれば、あなたが本当にやりたいことを見つけるヒントになるのは確実でしょう。

【1】1つの【何か】に限定する必要はない!他者と比較しないこと

あなたは

自分が本当にやりたいこと
=1つの【何か】をやると決めて、全力でそれに取り組めるようなこと

のように思ってはいないでしょうか?

例えば、エジソンなどの歴史上の偉人や、羽生結弦選手などのスポーツ選手など、一流として名を馳せている人を見ると、1つの【何か】に長年徹底的に打ち込んでいることが多いです。

そのため、

「自分にもそんな【何か】があるはず!」

「“本当にやりたいこと”ってそういう【何か】だ!」

のように思い込んでしまう人が多い傾向にあるんです。

そして、そんな一流の人たちと比較して、「私にはそんな特別な【何か】なんてない!」と思ってしまうわけです。

でも、そういった人たちと比較することが不幸の始まりです。

以前、別の記事で

<自分以上に●●が好きな人>と比較することで、「私の●●好きなんて、大したレベルじゃないです」と卑下してしまう人がたくさんいます。

とお伝えしました。参照↓

関連記事

「自分の本当に好きなことって何だろう?」「自分の好きなことがわからない…」とモヤモヤされている人も多いでしょう。別の記事では、好きなことがわからない理由について解説し、次の<7つの理由>をご紹介しました。・理由①[…]

自分の好きなことの見つけ方8つのポイント~人生を豊かにする秘訣です♪
すでに大きな結果を出しているような人と比較すると、自分のやりたいことが見えなくなってしまいがちなので要注意。

誰かと比較する必要はないし、1つの【何か】をずっとやらなければいけないわけでもありません。

1つの【何か】に限定する必要はないのです。

【2】この世界に存在する<職業>や<趣味>に囚われないこと

私たちは「自分が本当にやりたいことは何か?」を考えるとき、すでにこの世界に存在する<職業>や<趣味>に当てはめようとする傾向があります。

例えば、

子供の頃からピアノを習っていて、ピアノを弾くのが大好き。YouTubeでピアノ演奏の動画配信をしていたら登録者100万人にまで成長し、ピアノが仕事になってしまった。自分がやりたいことは昔も今もピアノです。

このようなイメージを“本当にやりたいこと”に持ってしまいがちであり…

すでに存在している<職業><趣味>という限られた選択肢の中から、「本当にやりたいことは何か?」を探そうとしてしまうのです。

でも、本当にやりたいことの本質は、もっと抽象的なことが多いです。

上記のピアノの例でいえば、この人が本当にやりたいことは「自己表現を通して人々に感動を与えること、元気になってもらうこと」かもしれません。

そのための手段が、今回はたまたまピアノだっただけということ。

別の楽器でも、さらに言えば楽器でなくても良かったのです。

<職業><趣味>という具体的な選択肢に囚われることなく、より自分の本質的な部分を見ていくことが大切でしょう。

そのためにはよく「子どもの頃好きだったことや楽しかったことは何だったか?」を思い出すというワークが用いられたりします。

次のライフワーク記事で紹介していますので、良かったら合わせてチェックしてください。本当にやりたいことは、ライフワークに近いかもしれません。

関連記事

「本当にやりたい仕事が見つからない!」「ライフワークが分からない!」そんなお悩みのある方に向けて、ライフワークの見つけ方“7つの質問”と“それぞれのヒント”を公開します。ライフワークの見つけ方については他のメディアで[…]

本当にやりたい仕事「ライフワーク」の見つけ方7つの質問とヒント

【3】エゴではなく魂視点で考える!実はやりたいことをやっている?

【3】エゴではなく魂視点で考える!実はやりたいことをやっている?

人にはそれぞれ「エゴの自分」「魂の自分」がいますが、「魂の自分」は本当にやりたいことを知っています。

なぜなら、1人1人の魂は「今回の人生で●●をやります!」という天命を授かっているからです。

※天命とは「天の命(ミコト)」⇒「天の御言(ミコト)」であり、天(神様)から与えられたお役目といえます。(「与えられた」のではなく、魂の成長のために「自分で設定した」という表現の方が適切かもしれません)

天命については次の記事でより詳しく解説しています。

関連記事

「あなたは何のために生きていますか?」「自分の天命に生きていますか?」そう質問されて、自信を持って「はい!●●をするために生きています!」「はい!全力で天命に生きています!」と言える人はあまりいないかもしれません・・・。[…]

何のために生きる?自分の天命を知る方法<11のヒント>

「天命=本当にやりたいこと」です。

エゴの意識では認識できずとも、魂は天命を全うできるよう、日々あなたを導いてくれているのです。

「やりたいことが分からない」
「本当にしたいことって何だろう」

とモヤモヤする体験を今味わっているとしたら、それは“あなたの天命のために必要だから起こっていること”とも言えるのです。

つまり、魂視点では

今までもこれからも、やりたいことをやっている

のかもしれません。

エゴの視点から見ると、

・やりたいことをやってる感覚がない。
・平凡な日常にウンザリしている。

のような思いに駆られるかもしれませんが、魂の視点で見ると、何でもないような日常が最高の体験であり喜びだったりするのです。

エゴの意識ではなく、魂の意識で捉えることが大切です。

昔も今も本当にやりたいことをやっているし、天命に生きている途中である!

そう考えると、「これから何をやっていくか?」見えてくるものがあるかもしれません。

【4】<日本の天命>をイメージしておく

天命というのは私たち1人1人の天命もあれば、<日本の天命>というのもあります。

天孫降臨という神話の中で、天照大神(アマテラスオホミカミ)が、地上に降り立つ孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)らに下した神勅の1つに「天壌無窮の神勅(てんじょうむきゅうのしんちょく)」があります。

詳しいことは、先ほどリンクを貼った天命の記事に書いてありますが…

地球を大調和に満ちた恒久平和の星に進化させなさい!

これが瓊瓊杵尊に与えられたお役目であり、日本建国の理念そのもの。日本の天命といえるのです。

瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)は彦火瓊瓊杵尊(ヒコホノニニギノミコト)とも言います。

ヒコホノニニギノミコトの最初と最後の文字に注目すると…

▼         ▼
コホノニニギノミコ

「ヒト」になるんです。

私たち「ヒト」は、1人1人が天孫降臨した神性なる存在であり、日本の天命の一部を担っていると解釈できます。

つまり、あなたが本当にやりたいことは、日本の天命である「地球を恒久平和の星にすること」の一部であると考えられます。

地球の恒久平和のために、今自分ができることは何か?

そのイメージを持っていると、「本当にやりたいこと」への意識もだいぶ変わってくるのではないでしょうか。

【5】家族を大切に!家族の喜ぶことをやってみる

【5】家族を大切に!家族の喜ぶことをやってみる

前項でお伝えした「地球の恒久平和」というと、壮大過ぎてピンっとこない人も多いでしょう。

「地球の平和のために自分にできることなんてない!」と逆に悩まれるかもしれませんね。

でも、地球の恒久平和についてはそこまで難しく考える必要はなく、まずは「一番身近な自分の家族を大切にする」という規模感で十分でしょう。

なぜなら、地球の恒久平和の最小単位が家族だからです。

あなたの家族が平和であり、友人の家族が平和であり、関わる人たちの家族が平和だったら、めちゃくちゃ平和じゃありませんか?

ですので、本当にやりたいことのとっかかりとして

まずは一番身近な“家族の平和”を実現するためにできることをやってみる

のも1つの手です。

ちなみに、家族というのは人間関係の中で最も濃い関係性です。

逃げようにも逃げれない関係性であり、過去世の課題が一番色濃く出やすいのが家族なのです。

だからこそ、家族の平和を実現するのは、簡単なようで一番難しいかもしれません。

【6】「やりたくないことをやらないこと」をやってみる!

「やりたいこと!」が見つからなくても、「やりたくないこと」はすぐに見つかるのではないでしょうか。

「やりたくないことをやらないこと」は、「あなたがやりたいこと」にはなりませんか?

例えば、「毎日、片道一時間の電車通勤がイヤでたまらないです。」という会社員の方がいたとしたら…

・会社のすぐに近くに引っ越しする。
・家賃を考慮し、片道30分のところで妥協する。
・リモートなど毎日会社まで出勤せずに済む提案をする。
・電車通勤のない会社へ転職する。
・会社を辞める、起業して自分の家で仕事をする。

などなど、やりたくない電車通勤の負担を減らすための、さまざまな対策手段が考えられます。

まずは、やりたくないことをリストアップし、やりたくないことをやらないためにどうしたら良いか検討してみてはいかがでしょうか?

あなたの人生からやりたくないことが減ったら、あなたの理想的なライフスタイルに近づいてくるはずです。

【6】波動を上げる!タルタマの行(感謝行)をやってみる

波動には<共鳴する>という性質があり、似た物同士が集まるという引き寄せの法則が働きます。

波動については次の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「波動(はどう)」という言葉を聞いたことはありますか?「ここは波動の良い場所」とか「この音楽は波動が高い」とか、「○○さんは波動が高い人だ」など、いろいろな言われ方をします。特にスピリチュアル業界でよく見聞きするキーワードで[…]

波動とは?スピリチュアルと物理(量子力学)で波動を理解しよう
あなたの波動が低い状態だとしたら、波動の低い世界が現実化されます。逆もまたしかりで、波動が高い状態なら、波動の高い世界が現実化されます。

もし、今、あなたの周りに愚痴や文句ばかり言っている人がいたら、おそらくあなたの波動も同じレベルなのです。

あなたの周りにいる人が、元気で笑顔で幸せそうな人ばかりなら、あなたも同じレベルの波動なのです。

だから、人生を豊かにするためには波動を上げていくことが大切であり…

あなたの波動が高くなれば、それに応じて本当にやりたいことが見つかる可能性があります。

なぜなら

・波動が低い時点でやりたいこと
・波動が高い時点でやりたいこと

この2つは違うものだからです。

波動が低い時点では、人によってはパチンコが最上級の楽しみであり、休日には一日中パチンコをしているかもしれません。(※パチンコを否定しているわけではありません。)

でも、波動が高くなったら、おそらく一日中パチンコをやりたいとは思わなくなるでしょう。

あなたが「やりたいことが分からない」とモヤモヤしていたとしたら、もしかしたら、今の波動の状態においてやりたいことがないだけかもしれません。

波動が高くなれば、それに応じた世界が展開されます。

人間関係も変わったりします。
興味関心や考え方が変わったりします。

やりたいと思うことも自然と変わってくるわけです。

本当にやりたいことを見つけるために、ぜひ“波動を上げること”も意識して欲しいと思います。

波動を上げるタルタマの行(感謝行)について

タルタマの行(感謝行)について

じゃあ、どうしたら波動を上げることができるのか?というと、今回はタルタマの行(感謝行)をご紹介したいと思います。

人の感情の中で一番高い波動が「感謝・ありがとう」といわれています。

感謝を当り前にする、ありがとうで心が満たされている

という状態になれば、あなたの波動はかなり上昇していると考えられ、そのための感謝行がタルタマの行なのです。

ここで言う感謝は「何かをしてもらったから“ありがとう”」という対人関係における“ありがとう”も含みますが…

「天地自然への感謝、生きてるだけで感謝」という深い深い感謝に重きを置いていることが大切なポイントです。

やり方の一例ですが、手を胸に当てて次のような言葉を発します。

・(私の)命にありがとう。
・自然の恵みにありがとう。
・ご先祖さまにありがとう。
・家族にありがとう。

これをゆっくりとした呼吸とともに繰り返します。

やってみれば分かりますが、ハートがポカポカと温かくなり、とても充実した感覚がでてくると思います。とても簡単ですのでぜひ実践してみてくださいね。

ちなみに、波動を上げる方法は他にもたくさんあります。実践しやすいのは、食を変えることや、使う言葉を変えることです。

良かったら次の記事をご参照ください。

関連記事

私たちの身体が食べたもので作られているので、「何を食べるか?何を飲むか?」はとても大切です。食べ物や食べ方の習慣は、直接的に波動に大きく影響します。波動が高くなる(低くなる)と人生にどう影響するのか?といえば、運氣・お金・健[…]

食事で人生が変わる?波動を上げる食べ物&食べ方の10のポイント
関連記事

日本では古来から言霊(ことだま)といって、言葉には命(魂)が宿っていると信じられてきました。良い言霊を発すればプラスのことが現実化され、悪い言霊を発すればマイナスのことが現実化される。幸運を引き寄せることもできれば、見放され[…]

運気を上げる!願いが叶う!波動の高い言葉・言霊【最強7選+α】

【7】心を静める!禊をする!内なる神にチューニングする

【7】心を静める!禊をする!内なる神にチューニングする

魂レベルでは、すべての魂が創造神の分け御魂と考えられています。

私も創造神の一部であり、あなたも創造神の一部。すべての人が創造神の一部です。

さらには、動物も植物も鉱物も、万物すべてに魂が宿り、万物すべてが創造神の命の現れとされています。

魂レベルでは万物みな兄弟&神であり、私たち一人一人には、それぞれの内なる神(魂)がいるわけです。

そして、前述したように、その内なる神は本当にやりたいこと(天命)を知っていますし、やりたいことをやるためにメッセージを投げかけてくれています。

「あっ、何かこれ面白そう!これやってみたい!」と純粋にワクワクしたことや、お風呂でリラックスしている時に“何となく心にポッと浮かんだもの”などは、内なる神からのメッセージであることが多いです。

内なる神にチューニングし続けることで、本当にやりたいことも自然と実践していけるでしょう。

ただ、注意点が1つ!

エゴが強いと内なる神の声が聞こえなくなってしまいます。

例えば、

・お金持ちになりたい!とか、エゴ的願望が強すぎたり
・●●はこうあるべきだ!とか、思い込みやこだわりが強すぎたり
・あのときこうしとけば良かった!とか、後悔の念が強すぎたり
・●●したらどうしよう!とか、不安や心配に心が支配されていたり

このような心理状態では、内なる神の声がかき消されてしまいます。

世の中にはエゴを触発するような情報が多く、テレビやネット、SNSなどを何気なく見ていると、エゴが強化されやすいので要注意です。

心をざわつかせるような情報や、エゴを刺激するような情報を遮断し、「心を静めること」「リラックスした精神状態でいること」が大切です。

そして、日々禊(みそぎ)をすることも意識しましょう。

例えば、呼吸法をすることも禊になりますし、ストレッチをしたり食事を正すなど身体を整えることも禊になります。

お近くの産土神社へ日々お参りをするのもオススメです。神社については次の記事が参考になりそうです。

関連記事

日本には約80,000社の神社があるといわれ、お宮参り、七五三、安産祈願、厄除祈願、初詣などで行く機会もあり、日本に住んでいながら完全に神社と無縁である人はほぼいないでしょう。そのくらい身近な存在である神社ですが、実はとてつもない深[…]

神社参拝のスピリチュアルな意味&正しいお願いの仕方の極意
関連記事

あなたはご自身の「産土(うぶすな)神社」をご存じですか?自分の産土神社を知り、産土神(うぶすながみ)としっかりムスビを深めるのはとても大切なことです。産土神と混合されやすい言葉に「氏神(うじがみ)」がありますが、一般的には氏[…]

産土神(氏神)とはどんな存在?産土(氏神)神社を調べる5つの方法

好きなことを見つけるために、内なる神にチューニングすること。
そして、そのために<心を静めること><禊>をしていきましょう。

まとめ~エゴではなく魂の視点で「本当にやりたいこと」を探求しましょう

以上、「本当にやりたいこと」を見つけるための考え方を、合計7つお伝えしました。

【1】1つの【何か】に限定する必要はない!他者と比較しないこと
【2】この世界に存在する<職業>や<趣味>に囚われないこと
【3】エゴではなく魂視点で考える!実はやりたいことをやっている?
【4】<日本の天命>をイメージしておく
【5】家族を大切に!家族の喜ぶことをやってみる
【6】波動を上げる!タルタマの行(感謝行)をやってみる
【7】心を静める!禊をする!内なる神にチューニングする

見て分かるように、見つけるための具体的な方法ではなく、あくまで考え方ばかりです。

「好きなこと」とか「得意なこと」であれば、見つける方法はたくさんありますし、割と納得する答えが見つかりやすいです。

しかし、「心から本当にやりたいこと」となるとそう上手くはいきません。

なぜそうなるのかと言えば、「心から本当にやりたいこと」は魂レベルの領域になるからです。

エゴの自分の視点では見えにくく、「具体的にコレ!」というものが見つかりにくい、というかそもそも無かったりします。

でも、あなたの魂はあなたが本当にやりたいことを明確に知っています。

だからこそ、エゴではなく魂の自分へ意識をシフトチェンジし、魂の視点で「本当にやりたいことは何か?」を探求することが大切でしょう。

分からないならとりあえず何でもやってみること

分からないならとりあえず何でもやってみること合計7つの考え方をお伝えしましたが、「やりたいことが分からなくて、ずっと頭の中で悩んでしまう」という人もいるかもしれません。

しかしそれだと、とてももったいないです。

頭の中で悩み思考することも大切ですが、人生は有限であり「時は金なり」ですから、ある程度のところで決断して行動にうつしましょう。

「方向性が違うかな」と思ったら、あとで軌道修正すれば良いだけです。

大切なことは、どうせやるなら何でも全力で取り組んでみることです。

ちょっとかじるくらいだと何にも身になりませんが、全力で取り組めば、何かしら得られるものがあるはずです。

そして、それがいつか何らかの形で役に立つことはよくあるパターンなんです。

というわけで、本記事で紹介した7つの考え方を参考に「本当にやりたいこと」を探求し、「何かこれをやる!」というものを決めてどんどん実践していきましょう。

自分のやりたいことが見つからない人に伝えたい7つの考え方【スピリチュアル視点】
Facebookで最新情報をお届けします。「いいね」をしてくださいね!