天然塩(自然塩)と食塩(精製塩)の違い5つのポイント

天然塩(自然塩)と食塩(精製塩)の違い5つのポイント

この記事では、天然塩(自然塩)と食塩(精製塩)について簡単に定義しつつ、その違いについて詳しく解説していきます。

この記事を読めば、2つの違いを明確に理解でき、

食塩(精製塩)ではなく天然塩(自然塩)を摂取していこう!使っていこう!

と思ってもらえるはずです。

天然塩(自然塩)の定義を簡単に

天然塩(自然塩)の定義を簡単に

まず最初に天然塩(自然塩)の定義を簡単にお伝えしたいと思います。

天然塩(自然塩)という言葉から、

できるかぎり人為的な作業や加工をしない、太陽の光や風といった自然の力で結晶化した塩が天然塩(自然塩)である

と定義できます。

理想的な天然塩(自然塩)は

「海水」を原材料とした「天日塩」=天日海塩

です。

天日海塩には

・約70種類ものミネラル成分が含まれていること
・自然のパワーで長時間かけて結晶化しているので身体に優しいこと
・非加熱なので海水中の酸素や酵素が生きていること

といった魅力があります。

一般的に、日本で造られる塩の多くは「天日→平釜」という製法です。この天日平釜塩を天然塩(自然塩)として紹介しているショップも多いですが、火で長時間加熱するという工程があるため、当メディアでは「天日平釜塩=“準”天然塩(自然塩)」と評価しています。なぜなら加熱すると、酸素や酵素が失われたり、含有ミネラルの種類が少なくなるからです。

また、自然そのままの形で発掘される岩塩も、人の手が加わっていない天然塩(自然塩)です。しかし、岩塩は強い圧力で結晶化しているため、塩化ナトリウム以外のミネラルが抜けているという点で、「岩塩=あくまで嗜好品としての塩」だと考えています。

ですので、以下、「天然塩(自然塩)=天日海塩」という前提で話を進めていきます。

食塩(精製塩)の定義を簡単に

食塩(精製塩)として代表的なものは、公益財団法人塩事業センターの「精製塩」「食卓塩」「食塩」などです。

「精製塩」

「精製塩」

「食卓塩」

「食卓塩」

「食塩」

「食塩」

ポイントは「塩化ナトリウム(NaCL)」という塩の主成分(しょっぱさの成分)が99%以上の塩で、他のミネラル成分がほとんど含まれていないことです。人為的に、塩化ナトリウム(NaCL)の純度を高めているのが特徴。

食塩(精製塩)は大量生産品であり、「立釜、乾燥」という工程が用いられます。

「イオン膜、立釜、乾燥」

「イオン膜、立釜、乾燥」

「溶解、立釜、乾燥、混合」

「溶解、立釜、乾燥、混合」

工程に「イオン膜、立釜、乾燥」「溶解、立釜、乾燥、混合」などの記載があって、食塩相当量や塩化ナトリウムが99%以上であれば、食塩(精製塩)だと分かります。

天然塩(自然塩)と食塩(精製塩)の違い5つのポイント

天然塩(自然塩)と食塩(精製塩)の違い5つのポイント

天然塩(自然塩)と食塩(精製塩)の定義をしたところで、次に、その違いを5つのポイントで解説します。

①製造工程が違う

塩のパッケージには、「原材料」を元にして、どのように作られたかの「工程」が記載されています。

天然塩(自然塩)を天日海塩とした場合、例えば、以下の食品表示ラベルであれば・・・

実例④カンホアの塩(石臼挽き)

海水を原料として、天日で結晶化させ、仕上げに粒を細かくしていることが分かります。

また、以下の食品表示ラベルであれば・・・

実例⑤天日海塩

オーストラリアから輸入した良質の天日塩を、仕上げに粒を細かくして乾燥させたことが分かります。

このように、天日海塩は海水を自然の力(=天日)で結晶化させ、何らかの仕上げ加工をしたものになります。

一方で、食塩(精製塩)であれば、主に次のような製造工程があります。先ほどと同じ画像です↓

海水を原料に作る場合「イオン膜、立釜、乾燥」

「イオン膜、立釜、乾燥」

「イオン膜、立釜、乾燥」

イオン膜交換法という特殊な方法で濃い塩水を作り、立釜で結晶化させ、仕上げに乾燥させています。

 

輸入塩を原料に作る場合「溶解、立釜、乾燥、混合」

「溶解、立釜、乾燥、混合」

「溶解、立釜、乾燥、混合」

輸入した塩を溶かして濃い塩水を作り、立釜で結晶化させ、仕上げに乾燥させ、サラサラする炭酸マグネシウムを加えています。

このように食塩(精製塩)は、濃い塩水を立釜で加熱して結晶化、仕上げに乾燥、という部分が共通していますね。

※塩の製造工程について詳しくお知りになりたいなら、次の記事をご参照ください。製造工程を理解できれば、パッケージに騙されることもなく、正確に「どんな塩なのか?」把握できるようになるでしょう。

②ミネラルバランスが違う

前述したように、天然塩(自然塩)にはたくさんの種類のミネラル成分が含まれています。

天然塩(自然塩)を天日海塩とした場合、もともと海には100種類近くものミネラルが溶け込んでいますが、天日海塩には約70種類ものミネラルが残っています。

一方で食塩(精製塩)は、塩化ナトリウムが99%以上で、他のミネラル成分はほとんど含まれていません。塩化ナトリウムが高純度であることは、工業用には向いていますが、私たちの身体には残念ながら向いていません。詳しくは以下の記事をご覧ください。

③味が違う

主に、塩の味に影響する成分は以下の4つです。

・塩化ナトリウム→舌を刺すような塩辛さ
・マグネシウム→苦味…にがり
・カルシウム→甘味
・カリウム→酸味

天然塩(自然塩)には、塩化ナトリウム以外のミネラル成分が豊富に含まれています。

例えば、当メディアでも一押しの皇帝塩であれば、次のような成分になっています。

ナトリウム 35.02%
塩素 54.3%
カリウム 0.38%
カルシウム 0.50%
マグネシウム 0.48%
微量ミネラル及びその他 3.90%

このようなミネラル成分の影響で、しょっぱいだけではなく、塩味のなかにほんのり甘みを感じる、コクのある味わいになっています。

「まろやか」と表現する人も多いですね。

一方で、食塩(精製塩)は99%以上が塩化ナトリウムなので、しょっぱさだけの塩です。

味の美味しさでいえば、天然塩(自然塩)の圧倒的勝利です。

④健康効果が違う

私たちの祖先は海で生まれました。海は生命の母であり、私たちの母とも言え、血液と海水の成分はほぼ一緒であり、体液のミネラル組成も海水とほとんど同じなんです。

血液と海水の成分はほぼ一緒

出典:em-seikatsu.co.jp

だからこそ、海水を原材料とした天日海塩の活用は、私たちの健康にとても良い影響をもたらします。

天然塩(自然塩)の健康効果については、次の記事に詳しくまとめています。

ざっと健康効果を箇条書きすると以下の通り↓

健康効果と効果的な使い方20選まとめ

【1】疲れ目対策に(花粉症対策にも)
【2】虫歯や歯槽膿漏の予防に
【3】アク抜きで健康的な生鮮食品を!
【4】塩分の摂り過ぎ予防に
【5】花粉症対策に
【6】血行促進による冷え性対策に
【7】体内酵素が活性化する
【8】代謝が促進される
【9】消化能力の向上、消化の促進に
【10】身体が整う→さまざまな不調の改善に
【11】お肌を整える、美しいお肌つくりに
【12】ニキビ予防に
【13】デトックス~毒素の排出・分解を促進
【14】ダイエットにも
【15】シャンプーの代わりに~抜け毛予防にも
【16】肩こりや腰痛対策に
【17】免疫力を高める
【18】風邪の予防に
【19】余計な糖分の排出をサポート
【20】お清め、浄化、クリアリングに

やはり70種類ものミネラル成分が含まれているからこそであり、ほぼ塩化ナトリウムだけの食塩(精製塩)では、これだけの健康効果は期待できないでしょう。

逆に、食塩(精製塩)は健康にあまりよくない可能性も。

一般的に「減塩運動」が勧められていますが、減塩すべきなのは食塩(精製塩)であり、天然塩(自然塩)はある程度摂取した方が健康には良いです。

⑤価格が違う

天然塩(自然塩)の製造には手間暇がかかっている分、お値段も食塩(精製塩)よりは高くなります。

食塩(精製塩)は大量生産品であるため、以下のようにとてもリーズナブルです。

精製塩 1kg 標準販売価格149円(税抜き)
食塩 1kg 標準販売価格124円(税抜き)
食卓塩 300g 標準販売価格153円(税抜き)

一方で、天然塩(自然塩)は、安いもので1kg1,000円くらい、高いもので1kg10,000円くらいします。

雨がよく降り多湿な日本は、塩作りには適さない環境のため、純国産の天日塩は値段が高くなりがちです。その点、雨がまったく降らない地域の海外産の天日塩は、リーズナブルな価格で手に入りやすいです。

当メディアでは、基本的に、海外産の天日塩をオススメしています。おおよそ1kg1,000円~2,000円のものが多いです。

食塩(精製塩)と比較して天然塩(自然塩)はコスト面ではどうしてもお金がかかりますが、「ミネラル豊富」「体に優しい」「たくさんの健康効果」「何より美味しい!」という点を考慮すれば、価格以上の価値を感じていただけるはずです。

おすすめの天日海塩は以下の記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

↑↑↑この記事では「健康にいい」「安全で安心」「体にいい」という条件を満たしつつ、口コミや評判の良い塩をご紹介し、おすすめランキングとしてまとめました。

まとめ~食塩(精製塩)は減塩し、天然塩(自然塩)を適塩しよう

まとめ~食塩(精製塩)は減塩し、天然塩(自然塩)を適塩しよう

以上、天然塩(自然塩)と食塩(精製塩)の違いを5つのポイントでご紹介しました。

ポイントを簡単にまとめます。

・理想の天然塩(自然塩)を天日海塩。
・天日海塩は太陽や風の力で結晶化。食塩(精製塩)は立窯による加熱で結晶化。
・天日海塩は約70種類のミネラル含有。食塩(精製塩)はほぼ塩化ナトリウムのみ。
・天日海塩は美味しい!甘み・旨み・コクがある。食塩(精製塩)は塩辛さのみ。
・天日海塩はたくさんの健康効果アリ。食塩(精製塩)は減塩すべき塩。
・天日海塩は1kg1000~2000円。食塩(精製塩)は1kg約150円~500円。

おおよその違いはご理解いただけたと思います。

食塩(精製塩)は塩化ナトリウムの純度が高い塩。大量生産品なのでリーズナブルですが、味がしょっぱさしかない点や、健康面でのリスクも懸念されますので、できる限り減塩することをオススメします。

加工食品や外食産業のほとんどは食塩(精製塩)を使用していますので、加工食品や外食を控えめにするなどの工夫も大切です。

その代わりに、ミネラル豊富で体に優しい天日海塩を、食べ過ぎない程度に積極的に摂取していきましょう。食べる以外にも、たくさんの使用方法がありますし、たくさんの効果が期待できます。

ぜひ天日海塩を使いこなして、心と身体を整えて、波動をどんどん高めていただけたら幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA