精製塩(イオン膜の塩)が身体に悪い理由を分かりやすく解説!

精製塩(イオン膜の塩)が身体に悪い理由を分かりやすく解説!

塩について調べていると

「精製塩は身体に悪い!」
「イオン膜の塩は身体に悪い!」

という声をよく見聞きします。

近年になって、自然塩・天然塩を使う人が増えてきましたが、それでも一般的に世に出回っている塩の多くは、まだまだ精製塩ですから、初めてこのような話を聞いてビックリされる人も多いようです。

しかし、実際のところ…

精製塩(イオン膜の塩)は身体に悪いは真実です!

この記事では、その理由について分かりやすく解説していきます。

そもそも精製塩とは

そもそも精製塩とは

まず簡単に、精製塩とはどんな塩なのか?イオン膜の塩とはどんな塩なのか?解説します。

精製塩は塩化ナトリウム99%以上の塩

精製塩とはその名の通り、精製された塩のことです。「塩化ナトリウム」という塩の主成分(しょっぱさの成分)が99%以上の塩で、他のミネラル成分がほとんど含まれていません。

精製塩の製造方法として有名なのがイオン膜(イオン交換膜)で、よく知られているのが、塩事業センターの「食塩」です。

食塩の食品表示ラベルには、以下のような製造方法が記載されています。

原材料名 海水(日本)
工程 イオン膜、立釜、乾燥
塩化ナトリウム 99%以上

工程の部分に「イオン膜」と書かれていることが分かります。

この食品表示ラベルに記載されている内容について、もう少し詳しく見ていきます。

精製塩の食品表示ラベルの見方を簡単に

塩の製造工程はざっと3段階あります。

・①濃縮…濃い塩水を作る段階。
・②結晶…①の塩水を結晶化する段階。
・③仕上げ加工…②の塩を仕上げする段階。

すると、食塩の食品表示ラベルに書かれていることが何を表すのかと言うと…

原材料名 海水(日本)
工程 イオン膜、立釜、乾燥

「食塩」は、日本の海水を原料とし、「イオン膜」によって①濃縮塩水を作り、「立釜(真空蒸発缶)」という釜で②結晶化させ、「乾燥」させて③仕上げていることを示しています。

このあたりの塩の原材料や製造工程のことは次の記事に詳しく書いています。

イオン膜(イオン交換膜)の仕組みを簡単に

以下の図は、イオン膜(イオン交換膜)で濃い塩水を作る工程を図に示したものです。

イオン膜(イオン交換膜)

出典:shio-ya.com

詳細な説明は割愛しますが、装置の左右にプラスとマイナスの電極があり、中にプラスイオンしか通さない膜(膜A)とマイナスイオンしか通さない膜(膜B)が並んでいます。

電気を通すと、海水に含まれるプラスイオン・マイナスイオンが移動し、塩化ナトリウムの元となる

・プラスイオンのナトリウム(Na+)
・マイナスイオンの塩素(CL-)

ばかりが多く含まれる液体、つまり塩化ナトリウム(NaCL)だけの濃縮塩水を作ることができるのです。

この濃縮塩水を立釜で結晶化し乾燥させれば、塩化ナトリウム(NaCL)99%以上の精製塩が出来上がります。

精製塩の製造方法は他にもありますが、イオン膜によるものが代表的です。

精製塩は効率よく大量生産が可能な工業用製品?

以下の記事でも書いていますが…

イオン膜による精製塩は、季節を問わず、人件費を抑え、効率よく大量生産できます。安い価格で塩を安定供給できるというメリットがありますが、、本来の塩とは似ても似つかないもので、工業製品とほとんど同じものなんです。

実際、精製塩は染料/合成ゴム/家畜用の塩/生理食塩水/紙/アルミ/せっけん/ガラス/ホーロー製品のうわぐすり/消毒薬/コンパクトディスクなど、姿を変えて私たちの生活に役立っています。

こういった工業用には純度の高い精製塩が適していますが、他の栄養素を取り除いてしまったこの塩は、残念ながら私たちの健康面ではオススメできないものなのです。

それでは、いよいよ精製塩(イオン膜の塩)が身体に悪いといわれる理由に迫っていきます。

精製塩(イオン膜の塩)が身体に悪いといわれる理由

精製塩(イオン膜の塩)が身体に悪いといわれる理由

私たちの身体が求める塩とは?精製塩は適さない…

海は「生命の母」と呼ばれています。初めて海で生まれた生命は、単細胞生物から多細胞生物、脊椎動物、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類へと進化を遂げてきました。

生命が海から陸に上がるとき、海水と同じ成分を体内に持ち込みました。

それが血液や体液です。
血液と海水の成分はほぼ一緒であり、体液のミネラル組成も海水とほとんど同じといわれています。

血液と海水の成分はほぼ一緒

出典:em-seikatsu.co.jp

その昔、フランスの生理学者ルネ・カントン氏が、海水と血液が同じ組成であることに着目し、血液の濃度まで薄めた海水を病人へ輸血していたそうです。

彼は1907年、初めてのクリニックをオープンしてから、1910年までにフランス国内で約70ものクリニックを開け、50万人以上の命を救ったとのこと。

少し脱線しましたが、、、

このようなことから、どんな塩が私たちの身体に一番適しているのかが見えてくるでしょう。

ズバリ!

海の成分がギュッと濃縮された海塩です。海のミネラル成分がしっかりと含まれている塩です。

しかし、残念ながら精製塩(イオン膜の塩)にはそれがありません。他のミネラル成分を排除し、99%以上が塩化ナトリウムという不自然な工業製品が精製塩なのです。

工業用には適していますが、私たちが口にするものとしては適さないのです。

精製塩の摂取は体内のミネラルバランスを崩してしまう

さて、そんな不自然な塩、精製塩を摂取するとどうなってしまうのか?

ポイントは「ミネラルバランス」にあります。

繰り返しになりますが、精製塩(イオン膜の塩)は塩化ナトリウム99%以上の塩です。100g中の食塩相当量は99g以上です。その他のミネラル成分はほとんど含んでいません。

これが天日海塩750gという自然塩であれば、100g中の食塩相当量91.4gで、8.6gもの他のミネラル成分を含んでいます。

ミネラル(無機質)は五大栄養素の一つで、身体を構成する栄養素のわずか4%にあたる微量栄養素ですが、身体を健康に保つための重要な働きを担っています。

ミネラル(無機質)

ミネラル(無機質)

出典:jo-mineral.co.jp

人の身体には70種類以上のミネラルが必要といわれ、身体の中でチームで働いています。だからこそ、微量で良いので、さまざまなミネラルを摂取することが大切なのです。

しかし、精製塩でナトリウムばかりを大量摂取してしまうと、体内のミネラルバランスが崩れてしまいます。

これにより自然塩を摂取したときよりも、ナトリウムの排出が困難になるそうです。尿として余分な塩分を排出しにくくなってしまうということ。関連記事↓

重要なのは体内のミネラルバランスをキープすること!

ミネラルバランスを崩しやすい精製塩は避け、体液や血液とほぼ一緒の組成である“海水から作られた自然塩”を摂取することが望ましいのです。

精製塩は摂りすぎになりやすい

自然塩は他のミネラル分が多いため、自分の感覚に合わせて口にすることで過剰摂取を避けることができます。

自然塩の主要成分は4種類のミネラルで、それぞれ味わいに以下のような特徴があります。

・塩化ナトリウム…舌を刺すような塩辛さ
・マグネシウム…苦味…にがり
・カルシウム…甘味
・カリウム…酸味

身体が疲れているときや汗をかいたときなど、“身体が塩を欲しているとき”は自然塩を美味しく感じます。「美味しい」「甘みがある」「もっと舐めたい」と感じたりします。

しかし、身体にとって十分な量に達すると、「苦みが強い」「えぐみがキツイ」のように感じ、それ以上の塩を身体が求めなくなるのです。

一方で精製塩の場合は、そのようなストッパーとなる成分ありません。いくら食べても苦みやえぐみを感じないため、過剰摂取になりやすいのです。「氣がついたらポテチ一袋を丸々食べてしまっていた」という経験をしたことのある人も多いでしょう。

精製塩は摂りすぎになりやすいというデメリットも含んでいるのです。

身体に悪い「精製塩を減塩」し、「自然塩を適塩」しましょう!

身体に悪い「精製塩を減塩」し、「自然塩を適塩」しましょう!

以上、精製塩(イオン膜の塩)が身体に悪いといわれる理由について解説してきました。

まとめると…

・精製塩は塩化ナトリウム99%以上で純度が高すぎる!
・他のミネラル成分を含んでいない不自然な塩。
・工業用には向いているが食用には適していない。
・体内のミネラルバランスを崩してしまう。
・しかも、ストッパー成分がない精製塩は過剰摂取になりやすい。

ということでした。

精製塩はぜひ避けるようにしてください。

ただこれは「塩を摂るな!」と言っているわけではありません。

以下の減塩の記事で解説したように…

・減塩のし過ぎは低体温につながり、各種病気を引き起こす原因にもなりうる。
・体温を上げる塩は「最高の治療薬」になる可能性も!塩を摂るメリットは大きい。
・過度な減塩は必要はない。良い塩梅で塩の入った食事をすることが一番長生きにつながる。

ということで、体液や血液が海の成分と似ている私たちにとって、塩を摂ることはとても重要です。

摂るべき塩は「自然塩」、特に、海水成分がギュッと詰まった天日海塩が一番です。
摂るべきでない塩は「精製塩」。

どんな塩を摂るかという塩分選択が大切なのです。

というわけで、身体に悪い精製塩は避けて、“海水から作られた自然塩”を適塩していきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA