【節分の豆まきの豆知識】意味や由来とは?なぜ「鬼は外、福は内」?

【節分の豆まきの豆知識】意味や由来とは?なぜ「鬼は外、福は内」?

2月3日といえば節分(せつぶん)の日。鬼のお面とお豆を買って、豆まきの用意をしている人も多いでしょう。

しかし、節分の豆まきについて、意味や由来などよく分からないまま、毎年豆まきをしている人も多くいるようです。どうせならよくよく意味を理解した上で豆まきをした方が楽しいですし、特に、お子さんがいるような場合、ちゃんと説明してあげれたら子どものためにもなります。

そこで今回は、そもそも節分がどんな行事なのか?豆まきにはどんな意味があるのか?

なぜ豆なのか?なぜ「鬼は外、福は内」という掛け声なのか?

などなど、節分の豆まきについての豆知識を詳しく解説していきます。

そもそも節分とは?節分の意味を知ろう!

そもそも節分とは?節分の意味を知ろう!

節分(せつぶん)とは名前からわかるように「季節を分ける」という意味があります。「季節の変わり目」と言い換えることもできます。

「節分といえば2月3日」というイメージがありますが、本来は春夏秋冬それぞれの季節に節分があります。

・立春・・・春が始まる日
・立夏・・・夏が始まる日
・立秋・・・秋が始まる日
・立冬・・・冬が始まる日

それぞれの前日のことを「節分」と呼んでいたのです。
節分は一年に4回もあるわけです。

なぜ「節分といえば2月3日」が定着しているのか?

では、なぜ現代では立春の前日、2月3日だけが節分になっているのでしょうか?

季節は「春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)」と書くように、一年の始まりは「春」からになります。

その春が始まる日が立春であり、一年のスタートの日です。とってもおめでたい日であり、今でも、お正月の年賀状には「新春」「迎春」などと書くかと思います。

そして、立春の前日である節分『2月3日』は冬の終わりの日。春夏秋冬一年の締めくくりの日。翌日から新しい季節が始まる「大きな区切りの日」となるわけです。

つまり、2月3日の節分は、今で言う大晦日のようなものだと考えて良いでしょう。

今では12月31日が大晦日、1月1日が新年の始まりの日。
昔は、立春が新年の始まりで、前日の節分が大晦日。

そんなわけで、一年に4回ある節分の中でも、特に重要度の高い2月3日が節分として定着するようになったのです。

節分に豆まきをする意味は?なぜ「鬼は外、福は内」なのか

節分に豆まきをする意味は?なぜ「鬼は外、福は内」なのか

昔は立春が新年の始まりで、前日の節分が大晦日、とお伝えしました。

年末から大晦日にかけてやることの1つに「大掃除」があります。家の中を隅から隅までピッカピカにして、スッキリ気持ち良く新年を迎えるご家庭が多いでしょう。大掃除は家の汚れだけでなくエネルギー的なものも含み、悪い念であったり、邪気や厄などをクリアリングする意味もあるのです。

実は、節分の豆まきにも、それと同じような意味があります。

昔、京都に鬼が出て人々を困らせていました。
その時、神様からのお告げで「豆を鬼の目に投げて退治した」というお話があります。

「鬼=魔」

「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げて「魔(ま)を滅(め)っする」ということから、また、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という穀物信仰から・・・

・鬼に豆をぶつけて魔を追い払い、一年の無病息災を願う。
・邪気や悪いものをキレイに落として、新年に幸運を呼び込む。

ということを目的に「鬼は外、福は内」といいながら豆をまくのです。

家庭で豆まきをする場合、家のドアや窓を開けて「鬼は外」と豆をまき、鬼が戻ってこないようにドアや窓を閉めてから「福は内」と豆をまくのが一般的なようです。(地域によって違いあり)

節分の豆まきの由来は?神道や仏教は関係ある?

節分の豆まきの由来は?神道や仏教は関係ある?

節分の豆まきは、平安時代より宮中にて、大晦日に邪気・災厄を祓う行事として行われていた「追儺」の儀式が起源とされています。

『続日本紀』によると706年にこの追儺が始まり、室町時代に使用されていた「桃の枝」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事になったようです。

豆まきについて書かれている最も古い記録は、室町時代の応永32年(1425年)の2文書。

宮中の『看聞日記』には「抑鬼大豆打事、近年重有朝臣無何打之」とあり、室町幕府の記録『花営三代記』には「天晴。節分大豆打役。昭心カチグリ打。アキノ方申ト酉ノアイ也。アキノ方ヨリウチテアキノ方ニテ止」とあることから、この頃既に都の公家や武家で豆まきが習わしになっていたことがわかる。出典:wikipedia.org

節分の豆まきの由来については、神道や仏教などでそれぞれの自説を述べているところもありますが、、節分は大晦日の行事ごとの1つであることから、節分そのものは「神事や仏事、特定の宗教に属する行事ではない」とする声が多いです。

「新年を迎えるにあたって、悪いものを出して、良いものを入れよう!」くらいの気持ちで豆まきをしたら良いでしょう。

豆まきのお豆の豆知識。煎った大豆を使う理由とは?

豆まきのお豆の豆知識。煎った大豆を使う理由とは?

豆まき用のお豆はどんなお豆を使っているでしょうか?

スーパーなどで購入する場合、すでに節分の豆まき用のお豆として販売されているので、あまり意識したことがなかった人も多いでしょう。

結論をいいますと「煎った大豆」が使われています。

「煎った」というのが大きなポイントで、生の豆はそこから芽が出るため「魔から目が出てくるので縁起が悪い」ということから、煎った状態の大豆を使用するそうです。

「鬼は外」はタブー?節分の鬼についての解釈は多数あり

一般的には節分の豆まきといえば「鬼は外、福は内」が定番ですが、「鬼は外」をタブーとするケースも実はけっこう多いのです。

例えば、奈良県天川村にある天河神社では「鬼は内、福は内」といいます。鬼は全ての意識を超えて物事を正しく見るとされているため、前日に「鬼の宿」という鬼迎えの神事を行い、鬼を迎い入れてから節分会をするそうです。参考:tenkawa.nara.jp

新宿区歌舞伎町にある稲荷鬼王神社では「福は内、鬼は内」といいます。「鬼王」として「月夜見命」「大物主命」「天手力男命」の三神を祀っているからだそうです。

このような例はたくさんあって、鬼を良きものとして祀っているパターンもよくあるのです。

他にも、神様が怒ったときの姿を『鬼』という言い方をすることがあります。悪魔や悪いものを叱ったり、退治したりするときの神様はとても怖く、鬼が震え上がって退散するほど怖い『鬼』というのだとか。『鬼』を神さまの一側面と捉える考え方ですね。

また、鬼澤さん、鬼塚さんなど、「鬼」の付く名字の人の場合、「鬼は外」は自分を追い出すことになり縁起が悪いので使わないようです。家庭の事情というパターンです。

このように鬼についての解釈は多数あり、単純に「鬼=悪」と決めつけることはできないのかもしれません。

節分の豆まきを楽しもう

以上、節分の豆まきについて、意味や由来、なぜ「鬼は外、福は内」なのか、などお話しさせていただきました。

昔は、立春が新年の始まりで、立春の前日である節分が大晦日でした。新年を迎えるにあたり・・・

・鬼に豆をぶつけて魔を追い払い、一年の無病息災を願う。
・邪気や悪いものをキレイに落として、幸運を呼び込む。

ということで、「鬼は外、福は内」といいながら豆をまくのだとお伝えしました。

鬼についての解釈は多数あるので、「鬼=悪」として「鬼は外、福は内」と言うのに抵抗のある人もいるかもしれません。

そんな時は「悪い鬼は外~!良い鬼は内~!福は内~!」など、ご自身でアレンジしていただけたらと思います。立春から一年のスタートです。節目である節分の豆まきを、ぜひ楽しんください。

最初のコメントをしよう

必須