有機三州味醂(角谷文治郎商店)の口コミ評判・特徴まとめ

有機三州味醂(角谷文治郎商店)の口コミ評判・特徴まとめ

当メディアでオススメしている「無添加で安全!体に優しい!昔ながらの製法で作られている“本物の本みりん”」の一つ、「有機三州味醂(角谷文治郎商店)」の商品の特徴、口コミ評判、最安値情報やおすすめショップについて詳しくお伝えします。

有機三州味醂(角谷文治郎商店)の商品紹介

原材料 有機もち米(宮城県、山形県)・有機米こうじ(宮城・山形県産米有機米)、有機米焼酎(宮城・山形県産有機米・自社港本町蔵製)
価格 500ml:1,144円(税込)
1.8L:3,564円(税込)

角谷文治郎商店さんの有機三州味醂は、自然の生態系の中で栽培された国内産の有機米を原料にし、「米一升・みりん一升」という200余年本場三河の伝統的な醸造法で製造しています。

「米一升、みりん一升」

創業以来みりん一筋の蔵で育まれた有機三州味醂。素晴らしい原料と2年の長期熟成により、お米の自然な甘さ・旨み・香り豊かな味わいを感じられます。

全ての原料米を、自然環境の循環を考慮した有機自然農法で栽培。自然の生態系の中で育てられたお米、これが全ての原材料です。
だから、お米の旨みと甘みが違います。

また、有機三州味醂は【日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(JONA)】より『農機農産物加工食品』の認定を受けています。酒税法が適用されるため、JAS法の規定外により「有機JASマーク」は付きませんが、原材料から製造・出荷まで厳しい有機基準をクリアしています。

有機原料の国産米を厳選し、認証を受けた自社精米工場で精米して仕込みます。もち米と共に使う焼酎も同じく、自社蔵で蒸留したもの。無味無臭のアルコールではなく、みりん原料に適した香り豊かな本格米焼酎やもち米が使われています。

びん詰めでの加熱殺菌処理はしていません。美味しさを引き出す「米こうじ」は、びんの中でもゆっくりと働いています。だから、さらに濃醇で深い味わいに仕上がっており、自然食志向の人に大人気です。

有機三州味醂(角谷文治郎商店)の口コミ評判まとめ

有機三州味醂(角谷文治郎商店)を実際に使用しているユーザーの、口コミ評判を厳選してご紹介します。(Amazon、楽天、yahoo!ショッピングを参照)

オーガニック志向のお店を回っても、例えば国産でない材料や、有機でない材料のみりんが多く、こだわり抜いた一品を探していて、このみりんさんに出会いました。
みりんは、かつて女中がお酒の代わりに飲んで楽しんでいたと聞きます。調味料をそのまま飲むなんて?!と思っていましたが、本当にいいものは、それだけでも美味しい。すんごく甘いです。そして、なんか生きてる感じがします(笑

有機栽培された原料のみが使用されているため、口に含むととても自然なまろやかさが感じられます。調味料に化学的に合成された成分がほんの少しでも混ざっていると、味がキツくなることが多いのですが、この味醂は全くそんな味がしません。
そのため醤油だけでは物足りない場合にも、隠し味としてこの味醂を加えています。純もち米仕込みの方も試しましたが、有機本格仕込みの方が自然な味わいでした。舌を含め体が全く違和感を持たないと言った感じなので、ずっと使い続けています。

みりん自体の香りと甘さは強めの印象。でも料理に使うと丁度いい特有の風味に変わります。私の主観になりますが、煮物やてりやきに使うとワンランク上の味!という感じに仕上がってます。下手な人が使っても美味しくなるんですね笑

お屠蘇のために購入しました。そのあと料理で使っていますが、ほんと、驚くほどいつもの料理が美味しくなりました。普段使いには少々お高いけど、価値はお値段以上です。レビュー書くつもりなかったけど、あまりにも感動したので書いちゃいました。

クセが少なく後味が良いです。色がきれい。原材料も安心できます。昔ながらの優しい味醂です。トゲトゲしくない。物足りない方もおられるかも知れません。焚き物煮物照り焼きに相性抜群だと思います。本物のみりんで上品な味です。煮物にも、焼き物にも入れてます。これで料理の腕が上がったら良いなと思ってます。

みりんは、すこし高いもののほうがいいです。すべてのお料理がとてもマイルドに仕上がります。

必需品です。なんと言っても料理の味が素晴らしくなるから。実家にも勧めて見たところ絶賛でした。こちらの会社の製品でも、有機でないと駄目なんです。そこまで差が出ません。丁寧に正統派で作られた品物ですから、そこそこ値が張るのは当然でしょう。だから大切に使っています。子育てが終わり家族が少なくなったからこそ、これだけに限定して使えるのですけれど。

以前は、近所で三州三河みりんのほうを扱う店があり、そちらを常用していたのですが、仕入れをしなくなったためこちらをアマゾンで購入するようになりました。同時に飲み比べたことはないのですが、この有機タイプのほうが濃厚で深みがあるような…?お吸い物は確実に有機タイプが美味しい。今後はこの有機三州味醂にお世話になります。

このみりんを使ったら今まで使っていたみりんって一体何だったんだろう?っと思ってしまうくらいに全く違うものです。甘いだけのみりんとは大違いです。高級料亭で使われているみたいですがこのみりんを使うと料理に深みがでてワンランク上の仕上がりになります。

このみりんを勧められてからは、他のみりんは使っていません。料理にこくもでて、良い甘みもあり、砂糖がいりません。砂糖は摂らないほうが体に良いので、とてもこのみりんはオススメです。そして有機で安心感が違います。同じみりんでも有機があると知り、飛びつきました。

有機三州味醂(角谷文治郎商店)の口コミ評判からわかること

有機三州味醂(角谷文治郎商店)の口コミ評判をまとめると…

・そのまま飲んでも美味しい!
・自然なまろやかさを感じる!
・三州三河みりんよりもまろやか!
・すべての料理がワンランク上の味に!
・最高に美味しいお屠蘇に!
・お値段以上に価値がある!
・焚き物・煮物・照り焼きに相性抜群!
・有機タイプのほうが濃厚で深みがある!
・砂糖がいらない!

などなど。

角谷文治郎商店さんの有機三州味醂を大絶賛する口コミが多数見られました。

同社商品の三州三河みりんと比べる方も多く、有機三州味醂の方が美味しいという口コミが多かったです。

三州三河みりんは1.8L:2,552円(税込)、有機三州味醂は1.8L:3,564円(税込)と1,000円ほど高いですが、それでも「お値段以上の価値がある!」と評価する声も多くありました。

健康を第一に考えるなら、原材料の面でもより上質で安心できる有機三州味醂は一押しです。

有機三州味醂(角谷文治郎商店)の最安値情報やおすすめショップ

角谷文治郎商店さんの有機三州味醂の最安値価格については、送料込みとなると「Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング」の各ショップで、どこも2,000円くらいでどっこいどっこいのお値段でした。

定価が500ml1,144円(税込)ですから、だいぶ割高になってしまっている感があります。

ですので個人的には、単品ではなく、楽天やYahoo!で複数個のまとめ買いや買い合わせをして送料を割安にするか、大容量の1.8Lタイプを買うか…

または、楽天の39ショップ(3980円以上の購入で送料無料)で、他の商品と買い合わせて送料無料で購入することをオススメします。

下記リンクよりご確認くださいませ。

まとめ

以上、無添加で安全!体に優しい!昔ながらの製法で作られている本物の本みりんの一つとして、「有機三州味醂(角谷文治郎商店)」をご紹介しました。

有機三州味醂(角谷文治郎商店)以外のオススメの本みりんについては、次の記事にまとめています。

それぞれの本みりんはそれぞれの個性があります。熟成期間が短めでスッキリした味わいのみりんもあれば、長期熟成でこってりした濃い味わいのみりんもあります。香りにも大きな違いがあったりします。

ですので、複数のみりんを試してみて、あなたやご家族の好みに合うものを見つけてください。また、タイプによって複数の使い分けもオススメです。

良かったら合わせてチェックしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA