恵安の潮の口コミや特徴(成分など)・販売ショップまとめ

恵安の潮の口コミや特徴(成分など)・販売ショップまとめ

当メディアでオススメしている「健康にいい・安全で安心・体にいい本物の塩」の一つ、「恵安の潮」の商品の特徴や成分、安全性、口コミ評判、そのほか最安値情報やおすすめ販売ショップについて詳しくお伝えします。

恵安の潮の商品紹介、安全性を考察

原材料名 海水(中国福建省恵安)
工程 天日

恵安の潮は中国福建省恵安地区の海水を原材料として、天日による自然のパワーだけで結晶化したことが分かります。

加熱しない昔ながらの製法!王室御用達の天然塩

「恵安の潮」は、秦の始皇帝の時代以来、王室専用の塩として存在し脈々と現在まで受け継がれた伝統ある手法を用いた、王室御用達の天然塩です。

加熱しない昔ながらの製法!王室御用達の天然塩

昔ながらの塩づくりにこだわり、遠赤外線を発するセラミック敷塩田に2,000メートルの深層海水を満潮時に引き込み、太陽の光と陶器の遠赤外線だけで結晶させ、1年熟成させるという、手間隙をかけたこまやかな技により生まれます。

非加熱の生の塩だから73種類もの微量ミネラルを含有

非加熱の生の塩だから73種類もの微量ミネラルを含有

恵安の潮の原料は、深さ2000mの深層海水。非加熱の生の塩なので、熱に弱い微量ミネラルがほぼ残っています。カルシウム・マグネシウム・カリウムをはじめ、その数なんと73種類。この豊富なミネラル成分が、甘みや旨みのもととなってお料理の味わいを深めます。

この塩の水を海水濃度に薄めると、魚介類が元気に生存できるほど自然界のミネラルバランスに調和する凄さなのです。

安全性はバッチリ!恵安の潮は中国産でも安心!

恵安の潮の産地は、工場地汚染のない美しい海のある中国の福建省です。ここは千年以上昔から塩業が盛んで、世界最高レベルの品質のものが採れる地域です。

さらに日本向けに特に配慮し、品質管理世界規格9001を認証された施設にて徹底した衛生管理のもとに生産されています。また、(財)日本食品分析センターに成分分析を依頼しており、ヒ素、重金属、放射性物質その他有害物質が一切検出されていないことが確認されています。

中国産ということで不安を抱いている方にも、安心して使える塩だと思います。

恵安の潮ができるまで(製造工程)

①海水を太陽の光で蒸発させて濃縮します。

②陶器を敷きつめたセラミック塩田に移し、太陽光と陶器の遠赤外線を浴びて結晶化。

②陶器を敷きつめたセラミック塩田に移し、太陽光と陶器の遠赤外線を浴びて結晶化。
恵安の潮

広大な塩田を、繰り返し人の手により塩田の端から端まで何度もかき混ぜて細かい結晶にします。かき混ぜる仕事は神聖な「神事」とされ、日本の神社でいう巫女の仕事として、女性しか許されていません。

③花崗岩の石材の上で乾燥させ、自然ににがりが抜けるのを待ちます。

④塩を集めて大きな山にし、袋をかぶせて1年間石材の上で熟成させます。

⑤不純物を除去、選別し、粒子を揃えるためふるいに掛けます。

機械でふるいにかけると機械の熱で成分が変化するため、手作業で行われます。

その後、日本で最終チェック・パック詰めをして完成です。

恵安の潮は、とても手間暇かけて造られた塩だと分かります。

恵安の潮の口コミ評判まとめ

恵安の潮を実際に使用しているユーザーの、口コミ評判を厳選してご紹介します。(Amazon、楽天、yahoo!ショッピングを参照)

10年以上前から使ってます。 歯磨きに少し加えたり、肘や膝をマッサージしたり、お風呂に入れたり。何より料理が美味しくなりますね。角がとれたしょっぱさと言うんでしょうか、好きです。ミネラルが豊富で、しかも体に蓄積されないと聞いたことがあり、安心して摂取してます。今はこの潮をたっぷり入れて、塩レモンを作ってます。

野菜スープなどには最後にこれをひとつまみ入れるだけでなんとも言えない甘み(旨味)がでます。焼き魚や枝豆にも最高です!息子はこの塩でにぎったおむすびが大好きです。

お料理なら、最初に塩おにぎりがお勧めです。天日塩らしいまろやかさがお米を引き立たせてくれるようです。1リットルか2リットルのミネラルウォーターに小さじ1から2杯を入れた塩水を作り、ミネラル補給にコップに1,2杯飲んでいます。うがい水、鼻うがい、洗眼にも使用しています。基礎体温が上がってくるようで気に入っています。

リピート購入してます。これ以外の塩は要らないと思うほど美味しい。塩は岩塩から色々な国産天日塩を買って来たけど、これにしてからは他のを使わなくなった。無添加の食事を心がけている上でこの塩は欠かせない。平飼い卵とこの塩だけの半熟オムレツは美味すぎて毎日食べています。

この塩は、最高!お魚の塩焼き、浅漬け、塩ラーメンなどお料理に最高です。他の塩には出せない旨味があります。みなさん一度使って見てください。

5年前からこれしかリピートしてません。それくらい美味しくて上質なお塩です。フランス産だとか日本人の心をくすぐるヨーロッパ産のお高いだけのお塩なんかよりも全然質がいいです!このお塩だけで舐めてみてもわかりますが甘みを感じます。
そしてお料理にもお菓子作りにも欠かせないです!お風呂に入れても最高です!温まりますし、お肌もしっとりします。

色々な塩を試しました。ゲランドとか岩塩とか伯方の塩とか能登の塩田の…。本当に色々使いましたがこれが1番美味しくて身体にいいです。パン作りにも塩麹作りにも、何に使ってもいい。お風呂にも入れてます。

盛り塩として使わせて頂きました。しっとりとした、お塩で型が作りやすかったです。お風呂に入れても、スルッと滑らかになり使い心地良いです♪

いい塩でお料理すると、なんでもおいしくなります。もうコンソメや鶏がらスープの素など使わなくなりました。ちゃんと醸造されたお醤油と天日塩だけでめちゃくちゃおいしくなります。このお塩は中国からきてはいますが、海洋深層水をひいてるのでなんの不安もありません。むしろ、とてもおいしいです。

今まで食べた天日塩の中でもピカイチです。旨みがすごい。これで今年はお味噌を漬けました。お味噌解禁するのが楽しみです。

ルイさんお薦めの安全なお塩ということで購入させて頂きました。ミネラルが豊富だからなのでしょうか、お塩なのに、お塩っぽくない、甘さと旨味のある調味料のような味に感じるほど美味しいです。天ぷらなど、塩そのものを味わうお料理につかったら、料理上手と褒められました。

毎年梅干しを漬けていますが去年このお塩で漬けた梅干しがまだ一年も経っていないのにとてもおいしくできたことに驚きました。最初は中国産なのでどうかと思いましたがすべての中国産が悪いものではないと反省しています。日本でもひどいものは沢山ありますから。最近は紅茶、コーヒーは飲まずこのお塩を溶かしたお湯を飲んでます。

恵安の潮の口コミ評判からわかること

恵安の潮の口コミ評判をまとめると…

・料理が美味しくなる!
・歯磨きに、マッサージに、お風呂に、パン作りに、塩麹作りに、何でも使える!
・10年以上前からのファン。
・料理に甘み(旨味)がでる。
・焼き魚、枝豆、浅漬け、塩ラーメン、
・この塩でにぎったおにぎりは最高!
・うがい水、鼻うがい、洗眼にもオススメ。
・これ以外の塩は要らない!
・5年前からこれしか使ってない。
・お菓子作りにも欠かせない塩。
・お風呂に入れると体が温まる!お肌もしっとり。
・盛り塩として使いやすい。
・天日塩の中でもピカイチ。
・美味しい梅干しができた。
・ルイさんお薦めの安全なお塩。

などなど。

このように「恵安の潮」を絶賛する口コミが多かったです。やっぱり「塩自体の味が美味しいこと」と、「料理の味が美味しくなること」の口コミが多く見られました。

10年以上使ってる、5年リピートしてるなど、熱烈なファンも多いようです。

料理以外にも、お風呂や鼻うがいなど、いろいろと使い勝手が良さそうです。塩の粒が大きめでしっとりしているので、盛り塩にも適しています。

また、この塩は自然療法士のルイさんがお薦めしていることでも有名です。

自然療法大学というYouTubeチャンネルを開設しています。筆者自身も動画を見て、勉強させていただいてます。

お塩についても解説しています。

「恵安の潮」はとても人気のある塩ですから、ぜひ一度は試してほしいと思っています。

恵安の潮の最安値情報やおすすめショップ

恵安の潮は1kgあたり1,600円~1,700円が最安値のようです。送料無料でこの金額になっています。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなど、どこで購入しても、ほとんど変わらない金額なので、お好きなECモールで手に入れていただけたらと思います。

内容量のラインナップは100g/200g/550g/1kg/2.2kgとなっており、量が多いほど割安でお得になっています。恵安の潮を使ってみて氣に入ったら、2.2kgのまとめ買いがオススメです。

下記リンクよりご確認くださいませ。

まとめ

以上、「健康にいい・安全で安心・体にいい本物の塩」の一つ、かつ口コミ評判の良い塩として「恵安の潮」をご紹介しました。

恵安の潮以外のオススメの塩については、次の記事にまとめています。

条件を満たす塩として天日(海)塩をご紹介していますが、それぞれの天日(海)塩にはそれぞれの個性があります。成分も味わいもお値段にも差があります。

ですので、複数の塩を試してみて、あなたやご家族の好みに合うもの(コスト面も含め)を見つけると良いでしょう。また、複数の使い分けもオススメです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA