ライフワークとライスワークの違い&奴隷的仕事から脱却する3つのルート

「ライフワーク(lifework)」「ライスワーク(ricework)」という言葉があります。

ライフワークとは、一生をかけて取り組みたいといえるような仕事や活動のこと。ときに天職とも言い換えられます。

対してライスワークとは、ご飯を食べるために行う仕事のことです。

お金のために“仕方なく”“やりたくないけど”働くのがライスワークであり、誤解を恐れずにいうなら“奴隷的仕事”だと思います。

どちらが幸せな働き方なのかと言えば、100人いたら100人がライフワークだと答えるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら多くの人は“ライスワーク”に甘んじているのが現状です。

あなたの仕事はどちらでしょうか?

「もし宝くじで10億円が当たったら今の仕事は続けますか?」

と問われたときに、「はい、辞めます!」と答えるなら、あなたの仕事は間違いなくライスワークです。

私は、過去の職場であるマーケティング会社の経験や、自分自身のビジネスの経験から、

ライスワークからいち早く脱却しライフワークの仕事にシフトしていくべきだ

と考えています。

この記事では、ライフワークとライスワークの違いについてもう少し深堀りしつつ、自身の経験のこと、そして、奴隷的仕事から脱却する3つのルートをお伝えしていきます。

マズローの欲求5段階説におけるライスワークとライフワークの位置づけ

世界的に有名なマズローの欲求5段階説というものがあります。

心理学者のアブラハム・マズローが「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階に理論化したものです。

マズローの欲求5段階説

出典:ferret-plus.com

下から段階的に欲求が進んでいくとされています。

第一段階 生理的欲求 生きていくために必要な本能的な欲求。食べる、飲む、排泄など。
第二段階 安全欲求 安心・安全な暮らしへの欲求。病気やケガへのセーフティネット、安全な住まいなど。
第三段階 社会的欲求 友人や家庭、会社から受け入れられたい欲求。コミュニティとの繋がりや所属を求める。
第四段階 承認欲求 尊敬されたい、認められたいと願う欲求。
下位の承認欲求だと、名声、注目、チヤホヤなど他者からのもの。上位の承認欲求だと「自分が自分を誇りに思う」など、自分の内面的なもの。
第五段階 自己実現欲求 自身が望む「あるべき自分」になることへの欲求。

明確に定義することはできませんが、ライフワークとライスワークがどこに属するのかというと…

ライスワーク→生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求(の下位)
ライフワーク→承認欲求(の上位)、自己実現欲求

というイメージでしょうか。

実際のところ、ライフワークには「食べるために稼ぐ」「より良い住まいのために稼ぐ」などの要素も含んでいますが、意識がどこにフォーカスしているかという点で大きな違いがあります。

主に「生きるために」になど下位の欲求にフォーカスしているのがライスワークで、「自己実現」など上位の欲求にフォーカスしているのがライフワークです。

同情するなら金をくれ!ライスワークはライスワークで重要!

同情するなら金をくれ!ライスワークはライスワークで重要!

ここまでの話だと、ライスワークは【×】でライフワークは【○】という構図になってしまっていますが、ライスワークはライスワークでとても大切です。

マズローの欲求5段階説の図を見て分かるように、

・生理的欲求…食べる、飲む、排泄など
・安全欲求…安全な住まいなど

これらは私たちが生きる上での土台となるからです。

どんなことでも土台がしっかりしていないと、その上に積み上げていくことができません。

土台がしっかりしていない家は、一見頑丈そうに見えても、ちょっとした地震で崩れてしまいます。算数の基本である足し算、引き算ができなければ、掛け算、割り算を理解することができません。

これと同様に、下位の欲求が満たされていなければ、その上のステージにはなかなか進めないのです。

たとえ「俺はライフワークをするんだ!」といっても、お金のことばかり意識してしまったり、お客さんがお金に見えてしまう可能性もあります。

ですので、まずはライスワークを徹底的に積み重ねるという時期も必要だと思っています。

【確信あり】ライフワークに生きると成功確率が格段にアップする!

【確信あり】ライフワークに生きると成功確率が格段にアップする!

ライスワークのステージをクリアし、生理的欲求・安全欲求が満たされたうえで、いち早くライフワークにシフトしていくべきだと考えます。

ここで少し、私の過去の話をさせてください。

私は前職でスモールビジネス向けのWEBマーケティングの会社に勤めていました。

たくさんのスモールビジネスオーナーにお会いしてきましたが、自分の仕事への信念と情熱をもち、ライフワークとしている人はしっかりと結果を出している傾向にありました。

私の主観ではありますが、自分の仕事をライフワークとしている人は、よく学び探求することを怠りませんし、コツコツと努力を継続できるので、たとえ困難なことがあっても最終的には成功するのです。

継続は力なり

といいますが、どんな世界でも「いかに継続できるか」が成功の秘訣であることは、小学生でもわかることです。

仕事がライフワークになっている人は、当たり前のように継続ができてしまうんです。

結果がでるまで継続するから成功する。
当たり前の話です。

逆に、自分の仕事を“生活のため”のライスワークとしている人は、なかなか結果を出せなかったり、一時的には稼げても長期的には失敗してしまう傾向にありました。

「このノウハウを使ってこうすれば良い」といった成功への道筋はわかっていても、結果がでるまで継続できないのです。

継続できないから失敗に終わる。

継続できるかどうかが成功の分かれ道なのです。

私自身も、ずっとライスワーク的な働き方をしていたので、40歳手前になるまでは、なかなかうまくいかない状態でした。

過去5回ほどの転職を経験していますし、副業・起業含めてさまざまなビジネスに挑戦してきました。

最初は新しい学びで新鮮ですし、稼がないと生きていけないので一生懸命頑張るのですが、月30万円、月50万円と、生活できるレベルの成果が出てでると情熱がなくなってしまうのです。

中には年収3000万円レベルになったビジネスもありました。

しかし、自分にとって生きがいを感じられない仕事だと氣付くと、心が苦しくなって継続できなくなってしまうんですね。

「これをやってみよう!」→稼げるようになる→仕事を手放す、というパターンを約20年間にわたりずっと繰り返してきたのです。

おかげさまで今は、当メディアを含めたビジネスをライフワークとして楽しく働いていますが、ここまで来るのにかなりの時間がかかってしまいました。

このような前職での経験や自身のビジネス経験から、

・人は本当にやりたいことでないと継続できない。
・ライフワークは継続できるから成功できる。

ということを確信しており、多くの人が、ライスワークではなくライフワークを楽しむ人生にシフトして欲しいと願っています。

ライフワークを仕事に!ライスワークから脱却する3つのルート

ライフワークを仕事に!ライスワークから脱却する3つのルート

ライスワークからライフワークにシフトするための3つのルートをご紹介します。

①ライスワークをライフワークにする!

ライスワークだと思っていたことが、意識の変化や工夫によってライフワークになることもあります。

【レジ打ちの女性】という話を聞いたことはありますか?もし知らなかったら、次の動画をぜひ見てください。

1.仕事が長続きせず転職を繰り返していた女性。
2.友人の紹介で始めたレジ打ちの仕事も、すぐに飽きて辞めようと決意。
3.しかし、昔大好きで続けていたピアノのことを思い出し、もうちょっと頑張ってみることに。
4.ピアノをレジ打ちに応用(創意工夫)。
5.仕事の余裕ができて顧客とコミュニケーションをするように(価値の創造)。
6.ある日、レジに長蛇の列が。
7.「あなたにレジ打ちしてほしい」と求められるようになった。

というように、目的を見失っていたあるレジ打ちの女性が、自分自身の生き方を再発見し、自分の存在価値に気付く、という感動的な体験の話です。

きっかけがライスワークでも、自分次第でライフワークになるケースはいくらでもあるのです。

もし、あなたの今の仕事がライスワークだと思うなら、ライフワークにできる可能性を検討してみましょう。

②いきなり全力でライフワークに取り組む!

「これが自分にとってもライフワークだ!」と思えるようなものがあれば、ライスワークを辞めて100%それに取り組むという方法もあります。

私はどちらかというとこのタイプですが、金銭的な部分がクリアできてないと、精神的なプレッシャーがかなりかかります。

もし、1年間無収入でも大丈夫なくらいの資金がないなら、基本的にはあまりオススメしません。

もし、十分な資金がないままこの方法をとるなら、1つだけアドバイスしたいことがあります。

それは「どのくらいの期間、その生活に耐えられるのか?」を明確にしておくことです。
「貯金が●●円あって、6か月間は何とかなる!5か月間で結果が出なかったら就職する!絶対に5か月で結果を出す!」みたいな感じです。

このへんをハッキリさせないと不安に押しつぶされるので、自分の中で明確なルールを作っておくと良いでしょう。結果が出なかったら一時休戦ということで、ライスワークに戻ったらいいのです。

③副業でライフワークの種を育てる!

ライスワークを続けつつ、副業でライフワークを始める方法です。
個人的に一番オススメの方法。

今は大手も含めて、多くの会社が「副業OK」としています。

コロナ渦の影響で在宅リモートワークが当たり前になりつつあり、副業に使える時間も確保しやすいです。

つまり、副業をスタートするのに理想的な環境が整っているんですね。

1日3時間くらいの副業であっても、正しい方法のもとにコツコツと作業を続けることで、本業よりも稼げるようになる事例も多々あります。
そしたら副業から起業への道も見えてきます。

当メディアでは「副業からライフワークをスタートする方法」についてもノウハウを公開していますので、良かったらチェックしてください。

まずは【副業・複業】というスタンスからライフワークを始めよう!

まずは【副業・複業】というスタンスからライフワークを始めよう!

以上のことをまとめると…

・ライフワークは、一生をかけて取り組みたい仕事や活動。
・ライスワークは、お金のために“仕方なく”行う仕事。
・マズローの欲求5段階説の下位の欲求にフォーカスしているのがライスワークで、上位の欲求にフォーカスしているのがライフワーク。
・まずはライスワークを積み重ねる時期も必要。
・ライスをクリアしたら、いち早くライフにシフトすべき。
・人は本当にやりたいことでないと継続できない。
・ライフワークは継続できるから成功できる。
・ライフワークに生きると成功確率が格段にアップする
・自分次第でライスワークをライフワークにできる。
・いきなり全力でライフワークに取り組むのはリスクがある。
・副業でライフワークの種を育てる方法がオススメ。

ということでした。

ライフワークに生きることは自らの人生を充実させるだけでなく、多くの人に幸せをもたらすことができます。

自他ともに豊かになれる“福業”であり、あなた自身の使命やミッション、さらには天命へとつながっていくものなのになるのです。

あなたが「今の仕事はライスワークだ」と思うのであれば、ライスワークを基礎としつつ、まずは【副業・複業】というスタンスからライフワークを始めることをおすすめしています。

以上、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ライフワークとライスワークの違い&奴隷的仕事から脱却する3つのルート
Facebookで最新情報をお届けします。「いいね」をしてくださいね!